一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

旅先の風景

春の欧州へ① 今回の旅概要

一、二転三転の旅程変更 今回の旅ほど旅程の方向修正を何度も変更したことはなかったです。 実はずっと南米へ行きたくて、ANAデスクのスタッフさんのおかげで漸く念願の世界一周ファーストクラスの特典航空券を発券したが、自由なようで結構不自由な仕事…

イスタンブールの新空港

2019年4月7日から旧アタチュルク国際空港から全面移行したばかりの新しい「イスタンブール空港」を利用してきました。 新規オープンの巨大な空港様子をツイッターでアップしたら、自己史上最高の100を超えた「いいね」をいただきました。関心のある方が多い…

気ままに行く欧州の旅⑪ ザルツブルクとハルシュタットの美景を訪ねて

オーストリアにも風光明媚な湖水地区があります。 アルプス山脈からの清流で形成された透明度抜群の湖と魅力的な湖畔の町が点在しています。 特にドイツと国境界隈のハルシュタットは世界で最も美しい湖畔の町と言われ、今回はウィーンからザルツブルク経由…

気ままに行く欧州の旅⑩ 街全体が美術館のような美しいプラハ

プラハの美しさを形容する美称は実にたくさんあります。 「建築博物館」、「黄金の都」、「百塔の街」、「宝石の都市」.......プラハのような美しすぎる街は本来ならそこだけで1,2週間ゆっくり滞在できる旅スタイルが理想ですが、思うようにいかないのは…

気ままに行く欧州の旅⑨ ウィーン!東欧への中継地

本来は10月のウィーン、ブラハ、ブダベストなどの秋景色を観に行きたいと思っていたが、旅程を組んでいるうちに、どんどん行きたくなる場所が増えました。 結局ウィーンを東欧方面のベースにし、そこから鉄道でプラハ、ブダベスト、さらにオーストリアの湖水…

気ままに行く欧州の旅⑧ 遠足で行く断崖絶壁の街ロンダと白い村

一、セビリアはアンダルシア観光にも便利な街 セビリアが好みにあっている街で、特に予定がなくても市街地で地元の結婚式を眺めたり、スペインとイスラム風が混合している建築を観たり、地元人に混ざっていろんなバルハシゴをしたりして、飽きることはありま…

気ままに行く欧州の旅⑦  スペインの古都、コルドバの日帰り旅行

セビリアから電車で1時間若、そこはもうアンダルシアにあるスペインの古都、コルドバです。 ここは7~9世紀にオスマン帝国の勢力によってたくさんのアラビア風の建築が残されていたが、12世紀の半ばからキリスト教徒の奪回でまたユダヤ風の建築が加えられ、…

気ままに行く欧州の旅⑥  セビリアの街歩きとGOTロケ地巡り

サンクトぺテルブルグからロンドンまではBAの直行便があり、ロンドンでイベリア航空を乗換、アンダルシアのセビリアまでの移動は案外便利でした。 ロシアの10月はすでに初冬らしく、特に天候多変なサンクトぺテルブルグでは滞在中ほぼ毎日雲の厚い天気が続…

気ままに行く欧州の旅⑤ エカテリーナ宮殿(Catherine Palace and Park)

「琥珀の間」で有名な豪華なエカテリーナ宮殿はぺテルゴフから車で約1時間位のところにあります。 上品な街プーシキン 宮殿所在地のプーシキンという街は昔ながらの貴族や上流社会の方々が多く住み、街並み全体上品な匂いが漂っている。 ランチで立ち寄った…

気ままに行く欧州の旅④ ペテルゴフ(ピョートル大帝夏の宮殿)

サンクトペテルブルクでは旧帝ゆかりの宮殿巡りも今回旅の楽しみです。 有名な二大宮殿、ピョートル大帝の夏宮殿のペテルゴフとエカテリーナ宮殿はともに郊外にあり、車がないと自力で一日で回るのはほぼ無理でしょう。個人旅行の場合は現地発の日帰りツアー…

気ままに行く欧州の旅③ サンクトペテルブルクの街歩きとエルミタージュ美術館

一、「北のベニス」という別名のヨーロピアン大都会 ピョートル大帝により建都されたサンクトペテルブルクはソ連時代では「レニングラード」とも呼ばれてあり、いまは大型クルーズ船が停泊する欧州の大都会です。 ここには超名門美術館のエルミタージュをは…

たまには国内!ふふ河口湖宿泊記

紅葉の美しい時期、久々名古屋から車で東京へ行くことにしました。 家は旅となると海外が多く、エ〇シブのようなメンバーシップをもっていないので、国内旅行の時もマリオットのようなチェーン(大味?)が多かったです。 今回は偶然河口湖で先月オープンし…

気ままに行く欧州の旅② モスクワ観光編

ロシアの首都モスクワは実はヨーロッパ最大の都市です。 空港から市内までの道のりでもその広大さを実感しているが、一方観光の目玉となるクレムリンをはじめとする市内の観光名所はほぼ赤の広場エリアに集中されてあり、ロシア全道路の起点は広場のヴァスク…

気ままに行く欧州の旅① モスクワ到着編

一、遠いようで近いロシア 欧州といえば、ロシアよりパリやロンドンのほうが近いと思われがちですが、実はロシアのほうが地理的な距離はずっと近いです。 1、ビザと入国 ビザ必要と情報の少なさも一因となるが、しかもそのビザの発行は今時珍しく時間がかか…

今度は超わがままなヨーロッパの旅

個人旅行の一番いいところは、好きなところを好きなように訪ねていけることでしょう。 それにしても、今回のヨーロッパはいま気になる場所、観たい景色、感じてみたい季節を、全部一度に組み込み、蓋を開けてみれば、ほぼヨーロッパ大陸を横断するような超わ…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半12 キャセイパシフィック乗り継ぎでの帰り道(完)

帰り道は事情により短縮経路に変更しました。 ドーハ⇒バンコク⇒シンガポール⇒香港⇒羽田、一路キャセイパシフィックを乗り継ぎ、その間2レグはファーストクラス路線がありました。 急ぐ足ではあったが、各地で少し観光をしたり、友人にあったり、ファースト…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半11 ザグレブから訪ねた美景

ザグレブの周辺にも、一生に一度は訪れたい絶景と言われてる名所がいくつもあります。 今回はその内の数ヶ所を訪ねることができ、その地の空気を吸い、美しい景観を自分の目で確かめ、五感でそれぞれの美景を堪能できたことは旅の良い思い出になりました。 …

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半10 カタール航空搭乗記

ザグレブからの小旅行も良かったですが、この数日名古屋は中東のドーハ並みの高温が続き、一種の記憶再生が起きたようで、前倒しでカタール航空の搭乗様子を整理することにしました。 ザグレブからカタール航空を利用し、途中ドーハをストップオーバーし、市…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半9 スピンオフで行くザグレブ(Zagreb)

ドブログニクから首都のザグレブまではクロアチア航空で、50分位のフライトでした。 クロアチア航空には良い評判が多く、今回のフライトは短すぎて、印象深いのはクルー全員は本当に美形ぞろいでした。 小さな空港でたまたまセキュリティチェックでクルーと…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半8 スピンオフで行くボスニア(Bosnia)

隣国のボスニア(Bosnia)とヘルツェゴヒナ(Herzegovina)もバスツアーで行くことになりました。 意気投合したシカゴからきた同年代の女性二人組といっしょに申し込んだ少人数ツアーで、変わらず早朝7時半の集合だが、ホテルで朝食を食べ、余裕でいっしょに集…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半7 スピンオフで行くモンテネグロ(Montenegro)

ドブロブニクの周辺では見どころがたくさんあります。 まずは『アドリア海の秘宝』と呼ばれているのモンテネグロへ出かけました。 旧港から水路でも行けるが、欲張って何か所も行きたいため、日帰りのバスツアーに参加しました。 ピレ門前で早朝7時20分の集…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半6 スピンオフで行くドブロブニク(Dubrovnik)

世界一周の後半のスピンオフ旅はクロアチアです。 ロンドンからようやく一人で飛行機に乗るが、ロンドンからザグレブ間の便は全部Cクラス止まりのため、お題からはまた少々外れてしまいました。 『アドリア海の真珠』のドブロブニク 一、夢の国のような旧市…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半5 ロンドン満喫と少しのコッツウォルズ

ロンドンのような大都会は、可能なら暮らすように滞在し、季節と気分に合わせその様々な姿をゆっくり楽しみたいです。 何百年もの栄光が満ちた帝国の首都の偉大な建築の数々、いまだに現役の王室文化、新しい欧州のトレンドをベースにしたコスモポリタンな空…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半4 雨のアムステルダムとその近郊

ファーストクラスの旅って言いながら、ブルージュからは列車でアムステルダムへ向かい、1時間40分ほどの列車旅でした。 旅先でこんなに雨ばかりの日が続くのは、めったにないことでした。 曇りがちなパリも、後で行くロンドンも、全部信じられないような大晴…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半3 鉄道の旅でブルージュへ

ヨーロッパ内でよほど長距離移動でなければ、都市と都市の中心部で直接つながっている鉄道の旅がとても便利です。 昔から豪華列車のオリエント急行のイメージは強いが、この10年位、古い鉄道の駅も近代化に改装され、エレベーターが日本の古い駅よりよく整備…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅】 後半2 盛りだくさんのパリ

パリに来たら、いつも時間が足りないと感じます。 ロンドンまでは、諸事情により列車移動&二人旅となりました。(笑) たくさんの定番スポットを廻りたい、久しぶりの美術館であの名画をみたい、普通でありながらも魅力的な公園やセーヌ川沿いで散歩をした…

蘇州、上海の旅とホテルステータス事情

「愉楽にて」に惹かれ、蘇州へ 少し前に地元の団体が奮発して林真理子先生の講演会を開催しました。 幅広く贅の世界を知っている先生の話は楽しかったです。話の流れで日本経済新聞で連載中の「愉楽にて」の裏秘話もいくつか披露されました。 講演の際まだ公…

ぶっちゃけ!ホテルの会員ステータス

この頃のAI技術の発達は本当に凄まじいものがあります。次の旅行のホテルなどを調べたり、予約等をしていると、ホテルチェーンのポップやメールがどんどん入ってきました。陸マイラー関連のブログでも、ホテルのステータスもマイル修業同様に研究をし尽され…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅15】 ドバイの素敵なホテルとアビダビの旅

世界最大級の豪華なシェイク・ザイード・グランドモスクを訪ねるのもこの旅の大きな目的の一つです。 一時期エキゾチックなアラビアの世界に魅せられて、トルコやモロッコを周遊してきましたが、中東特に近代都市のドバイのきらびやかな雰囲気はやはり特別で…

【世界一周!ファーストクラスで一人旅14】 ファーストクラスでロンドン~ドバイ間を往復

乗ることが目的!で飛行機に乗るのは今の世界一周で初めてです。 より多くの航空会社のFクラスを乗るために、スペインからロンドンに戻って、まずは2度目のブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のファーストクラスでドバイへ行くことになりました。 至れり尽く…