一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

春の欧州⑦ バスクの絶景サン・フアン・デ・ガステルガツェ(San Juan de Gaztelygatxe)

一、バスクで一番観たかった絶景

この絶景は、海のモンサンミッシェルという別名があるように、一本の石階段を島と陸をつなぎ、特にゲーム・オブ・スローンズでストーリーが加えられ、その美景が一層幻想的に思えました。

f:id:forqualitylife8:20191008222930j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008222918j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008222843j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008223053j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008223052j:plain


ここは「スペインの最も美しい風景」、「世界のすごい階段」という美称にぴったりです。

f:id:forqualitylife8:20191008223427j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008223128j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008223230j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008223546j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008223829j:plain

 

二、島の入り口に辿りつくまで

ビルバオとサンセバスティアンのほぼ中間にある入り口までの公共交通はとても不便です。バス乗り換えの後、最後の2キロはさらに乗り合いタクシーが必要だそうです。

ビルバオかサンセバスティアン発の現地ツアーがあればいいですが、少人数ではとても高いです。

2019年4月の時点ではまだ入場無料ですが、整備工事が進み、もうじき有料化の噂もありました。

f:id:forqualitylife8:20191008232241j:plain

 

島の階段に辿りつくにはまず入り口から片道約40分の高低差の山道があります。(復路も同じく40分位かかる)

f:id:forqualitylife8:20191008232518j:plain


山道は整備されてあるが、石の階段は晴れた日でも結構滑りやすいです。

f:id:forqualitylife8:20191008232615j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008232627j:plain

 

G君はカメラを含めすべての荷物を持ってくれたが、手ぶらでもその入り口までの山道は大変でした。

f:id:forqualitylife8:20191008232842j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008233838j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008233849j:plain

 

ようやく島の入口に到着しました。

この日はバスクに来て一番の大晴天でした。

海に向かっての階段を登りながら、両側には文字通り真っ青な海の美景が広がります。

f:id:forqualitylife8:20191008224223j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008224520j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008224322j:plain

 

橋を越えてから頂上にあるサン・フアン礼拝堂までの沿道は十字架の道ーーヴィア・ドロローサに因み、14の十字架が置かれています。

f:id:forqualitylife8:20191008230135j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230144j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230216j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230258j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230312j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230419j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230504j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230511j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230522j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230825j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008230814j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008231055j:plain

 

そして頂点に着きました!

f:id:forqualitylife8:20191008231200j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008234936j:plain

 

三、頂上、サン・フアン礼拝堂

バスク語ではgazteluは「お城」、aitzは「岩山」だそうで、頂上には礼拝堂、展望台、そして簡単な休憩室があります。

f:id:forqualitylife8:20191008233615j:plain

 

願い事が叶うように礼拝堂の上にある鐘を3回鳴らします。

f:id:forqualitylife8:20191008233530j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008233539j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008234414j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008233631j:plain

 

 素晴らしい絶景でした。

 

春の欧州⑥ 山バスクの村々2 アイノア、サールとその周辺

のどかなバスクの早春の田野でドライブを楽しみながら、個々点在している町や村を巡る時間は平和で幸せが感じます。

f:id:forqualitylife8:20191008204335j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008204402j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008204311j:plain

 

一、アイノア(Ainhoa)

丘に囲まれているアイノアはバスクの中心部に位置し、欧州的なスローライフを絵に描いているような村です。このような小さな田舎にくると、アジアからの観光客はほとんど会うこともなくまりました。村の入り口もこのように、静かです。

f:id:forqualitylife8:20191008204417j:plain

 

バスクのどんな村には必ずあるスポーツゲーム用の広場はここにもあります。

f:id:forqualitylife8:20191008205747j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008205550j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008205558j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008210133j:plain

 

自然に囲まれた村には色とりどりの花が咲き、

f:id:forqualitylife8:20191008205713j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008210659j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008210721j:plain

 

村の路地の先にはあたり一面の田園風景が広がっています。

f:id:forqualitylife8:20191008210936j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008210844j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008211013j:plain


二、サール(Sara) とその周辺

バスクにあるこのフランス領の村は「フランスの美しい村」にも登録されているほど美しいです。

周辺には先史時代からの洞窟や高さ905mのリューヌ山の観光トロッコ列車(夏限定)など、素敵なハイキングコースになっています。

f:id:forqualitylife8:20191008212558j:plain

 

村の入口に並木は綺麗で有名ですが、残念ながら季節尚早と悪天候で、パッとしませんでした。

f:id:forqualitylife8:20191008212632j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008212913j:plain


新緑の季節ならどんなに美しいだろう!

f:id:forqualitylife8:20191008213208j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008213225j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008213448j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008213545j:plain

 

サールの洞窟(The Cave of Sara) 

サールから車で約20分のところに、古代の洞窟群があるが、一般開放をしているのはLezeaという名の洞窟だけでした。

洞窟の広さは中央ヨーロッパで見た巨大な鍾乳洞に比較するとそれほどではないが、ガイドツアー参加必須の上、内部では撮影不可という厳しい管理体制でした

にも拘わらず地元の学生グループをはじめて平日でも20名のツアーが満員でした。

f:id:forqualitylife8:20191008214305j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008214817j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008214810j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008214812j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008214939j:plain

 

洞窟周りのグリーンが素晴らしいです。苔まで茂り、まるでジブリの世界です。

f:id:forqualitylife8:20191008215247j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008215333j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008215525j:plain

 

リューヌ山への観光トロッコ列車(Le Petit Train de La Rhune)

f:id:forqualitylife8:20191008220253j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008221229j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008221251j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008221330j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008221216j:plain

 

山バスクでたくさんの緑と、点在する赤い村をたくさん廻って、次はコースト(海岸沿い)のバスクを訪ねます。

f:id:forqualitylife8:20191008220113j:plain

春の欧州⑤ 山バスクの村々1 サン・ジャン・ピエ・ド・ポール、バイゴリ、エスプレット

毎朝まず天気とにらぎめっこしてから出発。

山間部では特に天気が多変するので、スペイン人のG君はフレンチ領の村や街は整然としているが、どこも似たような家作りと色使いで2,3か所で飽きるではないかと心配していたようで、私が沿道の景色、それぞれ異なる地形のランドスケープ、街や村の各々の雰囲気で毎日わくわくしています。

f:id:forqualitylife8:20191008173911j:plain

一、サン・ジャン・ピエ・ド・ポール(Saint-Jean-Pled-de-Port)

ここも「地球の歩き方」に載っていない小さな町ですが、ビレネー山の麓にある巡礼道山コースの宿場町です。

f:id:forqualitylife8:20191008162836j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008162906j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008162941j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163040j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163030j:plain


町にはフランス色が濃厚で、雰囲気は南仏のプロヴァンス地区のリュベロンの村に似て、カフェもフランス菓子のお店も洗練された雰囲気で、小洒落です。

f:id:forqualitylife8:20191008163445j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163532j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163428j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163541j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163545j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163434j:plain

 

町はいまでもサンチアゴへ向かう巡礼者の宿として賑わい、町中に巡礼関連のお店がたくさんあります。

f:id:forqualitylife8:20191008163611j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163619j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008164212j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008164400j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008163717j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008164825j:plain

 

城壁に上がったら周りがゆったりとした田園風景が広がり、ゴシック様式の城門がまた長い歴史を語っているように建っています。

f:id:forqualitylife8:20191008165226j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008170136j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008170132j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008164105j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008164056j:plain

 

 二、バイゴリ(Baigorry)

ここはまるで別荘地のようなのどかな村です。

この地方では昔からひまわりを魔除けとして玄関先に飾る風習があるようです。

f:id:forqualitylife8:20191008171250j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008172742j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008171334j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008172257j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008171434j:plain

 

静かに流れいるせせらぎに沿って歩きながらなんと映画のワンシーンにいるような錯覚をし、向こうにはローマ時代からの古い石橋が残っています。

f:id:forqualitylife8:20191008172928j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008204547j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008204520j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008172548j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008172513j:plain

三、エスプレット(Espletette)

軒先に赤い唐辛子の飾りで有名なこのバスクの村は今回ぜひ訪ねたい場所の一つですが、プラニングの時見た日本語の現地ツアーだと、一人3万円位だそうです。

 

f:id:forqualitylife8:20191008173826j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008174358j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008174510j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008174920j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008174426j:plain

 

雨足が強くなり、村のレストランへランチ雨宿り兼ランチをしました。

何食べたかはすっかり忘れてしまったが、お店にある歴年の唐辛子まつりのポスターが印象的でした。

しかしこんな雨の多い村なのに、なぜか唐辛子を建物の外に干している。大丈夫かなって勝手に思いました。

f:id:forqualitylife8:20191008175227j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008175156j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008175405j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008175420j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008175528j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008175513j:plain

 

春の欧州④ フレンチバスクの街巡り サン・ジャン・ド・リュズとオンダリビア

バスクの観光地はビルバオより、サンセバスティアンを起点に廻ったほうが便利です。
夏の観光シーズンでは、現地発のツアーで何日か分けて行く方法もあるが、私が旅した4月にはツアーはほとんどお休みです。

ビルバオに着いてからはじめて分かったが、バスク地区ではとにかく気候が多変で、雨が多いため、「バスク気候」という呼び方までありました。

一つ目で行ったビアリッツ(Biarritz)はまさに暴風雨のような状態でした。

ここは「地球の歩き方」には載っていないが、バスク地方有数な高級リゾート地で、欧州航路のプレミアム級クルーズの寄港地であり、有名なサーフィンスポットでもあります。パリからTGVで6時間位で電車で行くことも可能だそうで、次回リベンジします。

f:id:forqualitylife8:20191008123813j:plain

 

一、サン・ジャン・ド・リュズ(Saint-Jean-de-Luz)

悪天候でG君も焦って、地元でよく使われているリアルタイムの天気予報アプリで確認し、次は天候の良さそうな街へ向かった。四輪で雲を追うのはさずに無理があるので、この港町に到着した時はまだ雨雲が厚かったです。

f:id:forqualitylife8:20191008133700j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008133725j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008133838j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008133653j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140416j:plain


空いているカフェやギャラリーに入ったりして、こういう街歩きはやはり晴れた日がいいですね。

f:id:forqualitylife8:20191008140232j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140126j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140345j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140321j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008134411j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008134418j:plain

 

二、オンダリビア(Hondarriia)

フェリーに乗って対岸のスペイン領へ行くことにしました。こことサン・ジャンは本来同じバスクの村ですが、様々な歴史的な変遷で、いま違う国の領土となりました。ユーロ圏になったいま、もちろんフェリーでの行き来はパスポートも不要です。

f:id:forqualitylife8:20191008135453j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008134730j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008134812j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008141347j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008142104j:plain

 

観光ガイドでよく観るような可愛い村

f:id:forqualitylife8:20191008143200j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008143021j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008135843j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008141754j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008141252j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140912j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140345j:plain

 

ここは昔からの漁村で、内容もお値段もかなり高級なシーフードレストランが林立、

f:id:forqualitylife8:20191008141727j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008141720j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008140825j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008141148j:plain


三、まるで中世映画のような旧市街

 オンダリビアの港側もいいが、この魅力的な坂道を10数分ほど上がり、

f:id:forqualitylife8:20191008144803j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008145027j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008145043j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143404j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143348j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143803j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143908j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143548j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143429j:plain

 

雰囲気のある石畳みの道が続き、まるで中世へタイムスリップ、

f:id:forqualitylife8:20191008144942j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008144732j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008145241j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008145225j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008150621j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008143732j:plain

 

ありました!石原さとみさんの番組で観たあの素敵なバラドールホテル(Parador de Hondarribia)!

f:id:forqualitylife8:20191008145619j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008145643j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008145713j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008145816j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008145802j:plain

 

このパラドールは海を眺望する高台に980年頃建て、最初は要塞として、15世紀頃お城に改造されたようです。可愛いパティオのような広場に面しています。いつかスペインのパラドールを巡る時、真っ先にリストに入れたいところです。

f:id:forqualitylife8:20191008150149j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008150203j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008150413j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008150304j:plain

 

旧市街から下の道へでたら、いつもの間にかすでに晴れ間になって、見事な桃の花が満開していました。

f:id:forqualitylife8:20191008152518j:plain

f:id:forqualitylife8:20191008151155j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008151102j:plain

 

春の欧州③ バスク旅(Pays Basque)のスタート、ビルバオとサン・セバスティアン

近年スペインへの熱が高く、数年前から何回か分けて巡礼の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを中心とした北西部、南部のアンダルシア、そして今回は北のバスク地区をゆっくり回る旅をしました。

f:id:forqualitylife8:20190923210739j:plain

一、バスク地方巡りのプランと移動手段

1.バスク巡りの旅プラン

バスク地方の大半はスペイン北部にあり、一部はフランス領にあります。いまだに独自の言語を持ち、昔からの伝統と文化を大事にしています。

Game of Thronesのロケ地でこの地域の独特な美しい景観で世界に注目され、日本でも立て続けに「米倉涼子と酒場放浪記inスペイン」、「石原さとみnすっぴん旅inスペイン」2本のディープな旅番組が放送され、ますます関心が高まってきました。

日本からバスク地方への直行便はないため、今回はパリ~ビルバオin、ビルバオ~リスボンoutという旅程を組みました。

バスクでの旅程は下記通りです。

ビルバオからサン・セバスティアンへ、フレンチバスクの街巡り
サン・セバスティアンを拠点に、海バスクの街巡り
サン・セバスティアンを拠点に、山バスクの街巡り
サン・セバスティアン~ビルバオへ、GOTのロケ地巡り

f:id:forqualitylife8:20190923214103j:plain

 

2.移動手段

旅プランを始まった時からバスク地区の情報が少ないことに気づきました。

もともとは中世からの巡礼道で、時間がたっふりあれば徒歩と公共交通でゆっくりする旅もいいが、一人旅の今、慣れない地のレンターカーは結局運転ばかりに気を取られ、旅の楽しみも減ってしまうので、ここでは車をチャーターして巡ることにしました。

f:id:forqualitylife8:20190923212557j:plain

 

しかし、バスク地区はスペインで最も豊かな場所なので、車のチャーター相場を聞いたら驚きました。なんと1日8時間程度で約550ユーロ以上もします。

現地旅行手配専門の日本人業者にも問い合わせたが、ホテル手配とセットで1日約10万円位になります。

f:id:forqualitylife8:20190923220023j:plain

マドリードまでなら知人のツテもあるが、北部では知り合いはいません。

根所よくネットで探した結果、運よくバスク出身のG君を見つかりました。フリーガイド業がスタートしたばかりで、現金払いしかできないが、まじめで礼儀正しい青年です。英語もうまくて、現地で山登りとかでは荷物まで全部背負ってくださって、ドライバーというより、良い現地友人のような方に恵まれました。

 

二、バスクの玄関、ビルバオ(Bilbao)

パリからの到着便は夜中になるが、G君からの情報でここはとても安全な街で、深夜でも空港からのタクシーは全く問題はありませんでした。

せっかくなので、石原さとみさんがロケで使っているエルシーリャ(ERCILLA)にしました。街の中心部にあるとても良い立地で、部屋も広めできれいですが、空港バスを利用ならモユア広場にある老舗の名門Carltonがもっと便利かもしれません。

f:id:forqualitylife8:20191008084112j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008084933j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008084351j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008085021j:plain


ビルバオはある意味では衰退した造船業から芸術都市に変身した成功例と思います。

アメリカ人建築家ゲーリーの代表作でもあるグッゲンハイム美術館の建築群はとても壮観で素晴らしいです。

f:id:forqualitylife8:20191008085929j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008085914j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008090610j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008090452j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008091120j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008090100j:plain
f:id:forqualitylife8:20190923215639j:plain
f:id:forqualitylife8:20190923215719j:plain

 

ゲーリーのママンシリーズが好きで、六本木ヒルズを通る度に立ち寄るし、まだ全部ではないが、世界の旅先で彼の作品があれば観にいきます。

f:id:forqualitylife8:20191008085910j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008085830j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008090858j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008090825j:plain

 

 三、バスクの宝石、サンセバスティアン(San Sebastian)

ビスケー湾の真珠とも呼ばれているこの街は美食美景を一度に集まった宝石のような街です。大きな入り江に接しているためか、お天気も雨続きのビルバオに比べ晴天率が高いようです。

天然の美景に恵まれ

f:id:forqualitylife8:20191008091955j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008092017j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008092328j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008092358j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008125628j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008125846j:plain

 

 コンチャ海岸を囲むような街全体がリゾート地のように優雅で快適、

f:id:forqualitylife8:20191008125814j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008125756j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008130324j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008130248j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008130517j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008130532j:plain

 

街歩きも楽しくなるような場所です。

f:id:forqualitylife8:20191008092128j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008092208j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008131142j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008131112j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008130729j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008130939j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008092312j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008092241j:plain

 美食

 南のタパ、北のピンチョス、スペインの美食に魅了された人が数知らず!

f:id:forqualitylife8:20191008093505j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008093619j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008093525j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008093711j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008093652j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008093738j:plain

 

毎晩のように胃袋の限界に挑戦しながら、バル梯子でピンチョスを楽しむ。

f:id:forqualitylife8:20191008094004j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094136j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094052j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094021j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094334j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094318j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094108j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094150j:plain


問題はタバと違って、ピンチョスは大概バケットを使い、サングリアなど飲み物を一つでも頼めば、1,2軒で降参しそうです。

f:id:forqualitylife8:20191008094648j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094633j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094742j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008094727j:plain


サンセバスティアンの夜歩き対策

サンセバスティアンではLa Concha湾に面した便利な老舗ホテルデ・ロンドレス(Londres)に泊まりました。オフシーズンで1泊2万円位で、コスパも最高です。

f:id:forqualitylife8:20191008095722j:plain

夜はビーチの散策道に面したカフェの入り口があり、どんな時間帯も出歩きに安心、便利な完璧な立地です。

f:id:forqualitylife8:20191008100518j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008095752j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008095925j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008100712j:plain

設備はやや古いですが、部屋にはなぜかアメニティ類が大量に置かれ、清潔で快適なホテルです。

f:id:forqualitylife8:20191008100050j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008100026j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008100236j:plain
f:id:forqualitylife8:20191008100926j:plain


次はビルバオからサン・セバスティアンへ移動する時訪ねたフレンチバスクの街です。

食傷気味な旅事情

今年の前半は旅続き

春の欧州旅行はバスクを起点に、好きな風景をたくさん回り、特に初めて訪ねたスペイン北部のバスク周遊、フォトジェニックだらけなポルトガル、帰り道で訪れた中世的な美しいドイツの街ドレスデンとハイデルベルク、そして最後に寄道したイスタンブールなどなど、たくさんの美景と旅の思い出を残したいが、なかなか進まないうちにまたいろいろと出かけてしまいました。

f:id:forqualitylife8:20191003221311j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221318j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221411j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221342j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221202j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221506j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221742j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003221814j:plain


夏の北米、LAから中西部を経て東海岸まで、ほぼ大陸横断の長旅もまた盛りだくさんの記憶と写真が増え、

f:id:forqualitylife8:20191003222132j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222219j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222602j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222417j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222854j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222900j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222622j:plain
f:id:forqualitylife8:20191003222747j:plain

 

そして、中国桂林への旅.......


旅のプラニング

近年周遊型の旅が多く、いろいろ盛り込む旅程を立てることは楽しいが、いまは時間をかけて2本のプランニングをしています。
一つ目は南米の周遊

何度も中断し、ようやく決まった広大な南米大陸の旅。高山病や不便な現地事情が多々あるので、いつも以上に慎重に取り掛かっています。

f:id:forqualitylife8:20191003225800j:plain

二つ目はドナウ川

もろもろの要因で急にドナウ川とバルト三国に興味が沸き、しかも来年の大型連休というピーク時に行くため、早め早めの手配をせざるを得なくなりました。

f:id:forqualitylife8:20191003230324j:plain

さらに、近場の旅が2本控えています。

台湾+アルファ

ツイッターで赤ちゃんパンダの情報を見て、パンダを会いに行く旅

かなり食傷気味になってきたところ、

なんと急に年末年始で家族旅行の話が浮上しました。

いまからフライトの確保?

ホテルの確保?

旅程?

f:id:forqualitylife8:20191003231351j:plain

 

アマゾンで地球の歩き方を大人買い、

毎日いろんな予約や旅行サイトを見て、なんと夢にまでどこか外国にいるような設定ばかりになってしまいました。

いつゆっくり旅行記を書けるでしょうか?

春の欧州② 芸術三昧のパリと欧州までの寄り道

一、今回欧州の入口は芸術の都、パリ

快適なエバー航空の夜行便で楽々早朝のパリに着きました。

f:id:forqualitylife8:20190829231843j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231818j:plain

 

デザイン性重視のシャルル・ド・ゴール空港で異なるターミナル移動はJFK、LHR同様、速攻で旅の疲れを思い出させました。

f:id:forqualitylife8:20190829232444j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829232455j:plain

 

今回旅のメイン目的地スペインバスク地区の玄関ビルバオへ夜発のエールフランスに乗り換えるため、まず同じT2にある荷物預かり所でスーツケースを預けました。

荷物預かり所のフロアのDoreeカフェは安くてうまい。昔空港から地方へ直行するTGVに乗る前もよくここでひと休みをしました。

f:id:forqualitylife8:20190901134859j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901134137j:plain


丸々一日があるので、今回は市内へ出て美術館と美術館併設カフェなどを巡るプランをしました。

1.パリ市立近代美術館(Musée d'art moderne de la Ville de Paris)

16区にあるこのパブリックの美術館には、鮮やかな色彩が画風のデュフィ(Dufy)の大作『電気の精』、立派な美しい支柱に囲まれる美術館カフェがあります。10時の開館に合わせ、シャトルバスで向かいました。

f:id:forqualitylife8:20190901135510j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901135534j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901141753j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901135527j:plain

 

残念ながら旅行した4月の時、『電気の精』が貸し出し中で、カフェも工事のため閉鎖されていました。

f:id:forqualitylife8:20190901140422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901141848j:plain

 

現代作品はあまり理解できなく、常設の無料展示作を少し鑑賞し、

f:id:forqualitylife8:20190901142120j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901142313j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901142619j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901142245j:plain

 

美術館の建築を鑑賞するに外へ出ました。

1937年パリ万博のために作られたこの美術館の建物自体も芸術品のように素晴らしいです。

f:id:forqualitylife8:20190901144420j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901150418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145256j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145100j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901144656j:plain

 

建物の外壁に施した彫刻の緻密さとスケールに圧倒され、

f:id:forqualitylife8:20190901144853j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145208j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901151400j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145719j:plain

 

セーヌ川方向の向かい側は、もうエッフェル塔!

f:id:forqualitylife8:20190901150411j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901150349j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145058j:plain


近代美術館ではモーニングカフェができなかったが、道路の向かい側にマルシェを見かけて、ローカル味の食べ物を目で楽しみながら、フランスに来た!っと実感しました。

f:id:forqualitylife8:20190901152613j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901152559j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901230654j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901230809j:plain

 

2.オルセー美術館でランチ

短いパリ旅行の美術館選定は結局ルーブルになってしまうが、今回は気軽な一人旅で、華やかなミュゼ・ドゥ・オルセー・レストランでランチすることに決めました。

イエローベストのデモでシャンゼリゼ通りは全部通行止めのため、Uberですこし遠回りをし、昼頃オルセーへ移動しました。

f:id:forqualitylife8:20190901154811j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901154109j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901154753j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901154146j:plain

 

夏休みなどの混雑期ではないので、レストランも予約なしで入り、しかも窓側の席へ案内してくれました。ランチセットでも、特にクルトンをその場で入れてくれたボタージュはさすがに本場らしく、濃厚なバターが効き、美味しかったです!

f:id:forqualitylife8:20190901161026j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161025j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901160333j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901155654j:plain

 

超久々のオルセー美術館

f:id:forqualitylife8:20190901155514j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161401j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161358j:plain


素晴らしい大作の数々、春という季節柄で特に光と影の美しいモネの作品をたっぷり鑑賞でき、本物に触れる贅沢な時間がとても心地良かったです。

f:id:forqualitylife8:20190901161418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161556j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161557j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161613j:plain
 

 

3.オランジュリー美術館のモネワールド

陽気の春。セーヌ河を気持ちよく散歩しながら、もう一つのモネワールド、オランジェリー美術館の睡蓮館へ向かいました。

f:id:forqualitylife8:20190901163244j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901163020j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901163357j:plain


橋を渡ったらそこはもうチュイルリー公園。

平和な週末、日光浴を楽しんでいるパリ市民の姿がいっそう優雅に映りました。

f:id:forqualitylife8:20190901163643j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164314j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164257j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164437j:plain


 パノラマ展示の睡蓮ワールド

f:id:forqualitylife8:20190901164549j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901164751j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164948j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165016j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165024j:plain


芸術の世界にたっぷり浸って、あっという間に夕方になりました。

公園を出てヴァンドーム広場方面へ歩き、普段は高級店が立ち並ぶ賑わっているこの界隈もデモの影響でバリケードがあっちこっちに置かれていました。

f:id:forqualitylife8:20190901165400j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165419j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165428j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165442j:plain

 

オペラ座のロワシーバスで空港へ戻ろうと思ったが、残念ながらデモの影響で運行休止になった。バス停で荷物を持って困ってる日本人若者にタクシーシェアを声掛けたが、なぜか警戒されました(汗)。

今度は若い女性から英語で声かけられ、待機中のジャマイカ人のドライバーさんが一人20ユーロでいいよって気持ちよく空港まで乗せてくれました。

ラファイエットで働いている彼女は友人結婚式のためプラハへ行くが、フランス人にしてはすごく英語がうまいなと思ったら、ブルガリアの移民でした。

f:id:forqualitylife8:20190901170009j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165941j:plain

 

 二、パリまでの楽しい寄り道

欧州までは大好きなエバー航空に乗るため、名古屋からパリまでは大韓航空、タイ航空、そしてエバー航空をハシゴしました。

f:id:forqualitylife8:20190901231622j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901231620j:plain

噂のコチジャン付きのアシアナ航空の機内食

f:id:forqualitylife8:20190901231751j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901231754j:plain

おもてなし感満載の仁川空港

f:id:forqualitylife8:20190829223419j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829223414j:plain
この空港は誘惑が多い!買物する気がなくても、モンクレールで即散財。
f:id:forqualitylife8:20190829224319j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829224305j:plain
ラウンジ食もいいが、イミグレを出て空港ビル1階のGong Chaへ、
f:id:forqualitylife8:20190829225058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829225101j:plain
仁川からはタイ航空に乗り継ぎ、
f:id:forqualitylife8:20190829225157j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829225206j:plain
以遠権且つ近距離のタイ航空の素っ気ない機内食をパスし、台北到着。
f:id:forqualitylife8:20190829230222j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829230223j:plain
ターミナル移動後立ち寄ったエバーデスク、後日のストライキで思ったが、スタッフの数が多すぎたのも一因かも、
f:id:forqualitylife8:20190829230638j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829230630j:plain
台北空港のビジネスラウンジより、フードコートのお店が魅力的に思う、
f:id:forqualitylife8:20190829231314j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829232124j:plain
ようやく、待望のエバー航空を搭乗。時はすでに深夜、
f:id:forqualitylife8:20190829231533j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231539j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231538j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231548j:plain
夜行便に負けず、エバーの機内食を可能な限り満喫!

f:id:forqualitylife8:20190901134143j:plain
何を食べてもおいしい機内食、お気に入りのアメニティ、心地よいサービスの数々、欧州まで10時間位のフライトはあっという間でした。

春の欧州へ① 今回の旅概要

一、二転三転の旅程変更

今回の旅ほど旅程の方向修正を何度も変更したことはなかったです。

実はずっと南米へ行きたくて、ANAデスクのスタッフさんのおかげで漸く念願の世界一周ファーストクラスの特典航空券を発券したが、自由なようで結構不自由な仕事の都合で急遽その旅程では行けなくなりました。綱渡り状態で取れた特典での日程変更はほぼ無理なので、泣く泣く一旦キャンセルせざるを得なくなりました。

諦めきれず、日程調整後今度は有償で世界一周券を購入したが、しばらくしたらなんと目玉になっているFRA発のLHファーストを初め、3つのファースト区間の機材変更によりダウングレードが発生しました。これではさすがに有償券の意味がなくなり、ANAも手数料なしでキャンセルをさせて頂きました。

すでに空けてある日程もあり、やはり大好きな春の欧州へ行くことになりました。

f:id:forqualitylife8:20190513112324j:plain

 

二、欧州の旅プラン

近年結構頻繁にヨーロッパへ旅をしているが、行けば行くほどその奥深い魅力に引き込まれています。方向が決まったら、あれもこれも、あっという間にまた盛りだくさんの旅プランになりました。

 

1.Game of Thronesのロケ地絶景

シーズン7でドラゴン姫が故郷のドラゴン・ストーンに戻ったシーンで使われていた海に囲まれた岩山はサンフアン・デ・ガステルガチェです。

海に浮かぶような石の階段はあまりにも幻想的で美しい。この「スペインでも最も美しい風景」、「世界のすごい階段7選」に選ばれた絶景を見に行きました。

f:id:forqualitylife8:20190513121006j:plain

 

2.念願のバスク地区(PAYS BASQUE)巡り

絶景の「サンフアン・デ・ガステルガチェ」はスペイン北部のバスク地区にあり、最近テレビでもよく紹介されたサン・セバスティアンのような都会の街のみならず、スペインとフランスの国境にある独自の文化と魅力を持つバスク地区の村々を廻る機会になりました。

芸術の街、ビルバオ

f:id:forqualitylife8:20190513122922j:plain

 美食の街、サン・セバスティアン

f:id:forqualitylife8:20190513123153j:plain

 美しいフレンチバスクの村々

f:id:forqualitylife8:20190513123745j:plain

濃厚な中世的な魅力のあるスペインバスク

f:id:forqualitylife8:20190513125347j:plain

海辺に佇むバスクコーストの港街

f:id:forqualitylife8:20190513124341j:plain

 中世からの巡礼道カミノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)

f:id:forqualitylife8:20190513124837j:plain

 

3.芸術の欧州!磁都と迫力のあるタイル絵

アズレージョンの本場、ポルトガルのポルト

f:id:forqualitylife8:20190513125454j:plain

 

旧東ドイツの磁都ドレスデン

f:id:forqualitylife8:20190513125612j:plain

 

4.欧州で教養を深める

プラハにある世界一美しい図書館、クレメンティウム

f:id:forqualitylife8:20190513130256j:plain

 ポルトにある世界一美しい本屋、レロ・ イ・ イルマオン

f:id:forqualitylife8:20190513130943j:plain

 ストリート・アートという”芸術”も

リスボンの名物詩のケーブルカー

f:id:forqualitylife8:20190513131137j:plain

 ドレスデンの芸術村「クンストホーフ・パッサージュ」(KunsthofPassage)

f:id:forqualitylife8:20190513131317j:plain

 ハイデルベルクの学生牢(Studentenkarzer)

f:id:forqualitylife8:20190513131459j:plain

 

5.魅せられる美しい建築の数々

リスボン郊外にある古都シントラのペナ宮

f:id:forqualitylife8:20190513132211j:plain

シントラにあるもう一つの絶景名園「レガレイラ」

f:id:forqualitylife8:20190513132436j:plain
ハイデルベルク城と郊外の黒い森にある木枠の家々

f:id:forqualitylife8:20190513132826j:plain

 

 6.パリで美術館三昧とモネワールド

盛りだくさんすぎて、ほぼ忘れていたが、パリでこの季節にぴったりな光と影のモネ世界もたっぷり鑑賞してきました。

f:id:forqualitylife8:20190513133852j:plain

 

三、旅のもう一つの楽しみ

乗りたいエバー航空とターキッシュ航空のために、行きも帰りもかなり寄り道をしました。振り返ってみると一枚に航空券でよくもこんなに行けたなって自分でも感心しております。

全旅程はこんな感じでした。

NGO~ICN~TPE~CDG~~(もろもろ)~~ FRA~ IST ~TPE~ FUK~ NGO

 

大好きなエバー航空の機内食鼎泰豊を2回食べ、

f:id:forqualitylife8:20190513134915j:plain

 

色もお気に入りの長距離便のアメニティを頂き、

f:id:forqualitylife8:20190513135328j:plain

 

初めてのTKビジネスで久しぶりにイスタンブールに立ち寄り、

f:id:forqualitylife8:20190513140140j:plain

 

しかし、今回は珍しく欧州内でいくつもの交通機関のトラブルに遭遇しました。

機会があればトラブル編をまとめてみたいとは思いますが、結果的には全旅程がほぼ予定通りに進み、特に念願のバスク地区をたっぷり廻り、美景美食で楽しい思い出がたくさんできた旅となりました。

イスタンブールの新空港

2019年4月7日から旧アタチュルク国際空港から全面移行したばかりの新しい「イスタンブール空港」を利用してきました。

f:id:forqualitylife8:20190423211310j:plain

 

新規オープンの巨大な空港様子をツイッターでアップしたら、自己史上最高の100を超えた「いいね」をいただきました。関心のある方が多いではないかと思うので、実際利用した情報をまとめてみました。

とにかくとてつもなく広い空港なので、しかもLHRJFKのような分散したメガ級空港と違って、一ヶ所集中で一見便利に見えるが、中では全部徒歩しかないので、結構疲れます。 

4月中旬にターキッシュエアライン(TK便、ビジネスクラス)で市内一泊のトランジット利用のため、出入国の情報とTKラウンジ情報を中心にお伝えします。

 

1.とにかく巨大すぎる

降りたゲートからバゲージエリアまで先が見えないような遠さ、

f:id:forqualitylife8:20190423212126j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423212136j:plain

 

ラウンジエリアから搭乗ゲートまで約2キロ、

f:id:forqualitylife8:20190423212815j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423212907j:plain


入国審査のところから市内行きのバスまで探しながら空港内でおそらく3、4キロも歩きました。

f:id:forqualitylife8:20190423212333j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423213123j:plain

 

広すぎて、標識もすぐ見当たらなくて、インフォメーションブースを探そうと思っても、結局歩き疲れ、途中諦めました。

「ask me」というTシャツを着ているスタッフが所々にいるが、二人の方にバス停のことを聞いてみたが、違う答えが返ってきて、また諦めて、自力で出口っっぽい方向へ行き、地下2階にあるバス停にたどり着きました。

f:id:forqualitylife8:20190423212430j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423213304j:plain

 

ブランド免税店のほか、密集したショッピングブースも大量にあり、右はラウンジから見た風景です。

f:id:forqualitylife8:20190423223320j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423223434j:plain

本当に必要かなと思うような広さ......


2.待望のTK新ラウンジ

場所

趣のある旧アタチュルク国際空港のラウンジに比べると、たいぶ簡素なデザインとなりました。フラットな免税店上に広がる2階の部分は全部ラウンジです。

左の写真の2階は現在TKビジネスの専用部分であり、右のはスタアラのビジネス用だそうです。

f:id:forqualitylife8:20190423214356j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423214558j:plain

 

ラウンジの場所は分かりやすいです。

TKラウンジはセキュリティゾーンを終えたら、正面に2か所あります。

f:id:forqualitylife8:20190423215122j:plain

 

まだ全部内装が終えてない左側のLV、右側のHERMESの上はラウンジです。

スタアラのラウンジはHERMES側からさらに100m先だそうで、遠すぎで確認に行けませんでした。

f:id:forqualitylife8:20190423215134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423215143j:plain

 

 入口は前後2か所あり、この頃流行りの自動改札方式です。

f:id:forqualitylife8:20190423220259j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220307j:plain

 

搭乗券のバーコードで入ってから2階に上がるエレベータがあります。

f:id:forqualitylife8:20190423220705j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220714j:plain

 

設備

仕切りはないが、異なる雰囲気のエリアゾーンにソファや椅子はたっぷりあります。

f:id:forqualitylife8:20190423221241j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220940j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220950j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220857j:plain

 

満員のため写真を撮れなかったが、カーテンで個室風に仕切られてるカウチの場所も多数あり、シャワールームに「スイート」という名の簡易ホテル風の部屋もあるが、前後便ともTK便利用とか、利用条件があります。

f:id:forqualitylife8:20190423220516j:plain

 

素晴らしく便利な透明ロッカーは健在です。しかも壁一面に鍵付きの充電ロッカーもありました。

f:id:forqualitylife8:20190423222017j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423222122j:plain

 

長時間でも退屈したいようなゴルフ練習ブースや、ポップコーン機付きの子供エリアなども完備されています。

f:id:forqualitylife8:20190423222240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423222602j:plain

 

Wifiは自動発券機で、

f:id:forqualitylife8:20190423223206j:plain

 

コンシェルジュデスクは総合受付兼になっています。

f:id:forqualitylife8:20190423222849j:plain


食事

食事のバリエーションは以前と変わらず、エアラインラウンジの世界では不動の世界一と思います。(香港のキャッセイも素晴らしいと思うが)

気前よく24時間体制で大量な食事が丹念に提供され、食事関連で働いているスタッフの数も大型ホテルのバイキングなみです。

f:id:forqualitylife8:20190423223931j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423223858j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423223855j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224114j:plain

 

焼き立てのナン、パニーニ、各種パティスリー、スープ、洋食等々、朝発の便で出発前に行ったら、オムレツを作るエッグスタンドまでありました。

f:id:forqualitylife8:20190423224148j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224145j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224332j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224426j:plain


そして大人気のスイーツコーナー。デメル(DEMEL)のケーキやクッキーはもちろんのこと、

f:id:forqualitylife8:20190423224803j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224713j:plain

 

現場で大人気なのはかわいい盛り付けのトルコ菓子です。

f:id:forqualitylife8:20190423225227j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225103j:plain

 

食べなくても、目で楽しめました。

f:id:forqualitylife8:20190423225416j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225354j:plain

 

飲み物の種類ももりだくさん、本格的なコーヒースタンド。

f:id:forqualitylife8:20190423225537j:plain

 

ハード(笑)&ソフトドリンク、

f:id:forqualitylife8:20190423225600j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225549j:plain

 

個人的にお気に入りのトルコ茶の部屋。

好きなブレンド茶を南部鉄器のようなポットで作ってもらえます。

f:id:forqualitylife8:20190423225743j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225809j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225836j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225852j:plain

 

3.TK上級ユーザーには至れり尽くせり

5番ターミナルはTKビジネス専用となっています。

看板ではスターアライアンスも書いたようだが、実は今回フランクフルトでLHから黄色い搭乗券が発行され、入口で赤のTK搭乗券でないことで止められ、再三確認後やっと入れた経緯がありました。

f:id:forqualitylife8:20190423231127j:plain

f:id:forqualitylife8:20190423231154j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423231137j:plain

 

専用のチェックインターミナルに続き、専用のファーストトラックがあり、出国審査後、広大なターミナルで最小限の移動で済む立地で広大なビジネスラウンジが作られています。

f:id:forqualitylife8:20190423231304j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423231321j:plain

f:id:forqualitylife8:20190423231439j:plain

 

4.市内へのアクセス

地元の友人の話では、現地ではこの新空港の建設に反対する人も多く、やはりゼネコン事業に表と裏がいろいろあるのはどの国も同じでしょう。実際この山間部に造られている空港は現在まわりには本当に何もありません。鉄道もこれから開通になる予定ですが、現時点では市内へのアクセスはバスと車のみです。

f:id:forqualitylife8:20190423232730j:plain

 

バスは民営のHavistと国営のIEETの2社あるが、市内観光地までは断然Havaistが便利です。問題はこのバスは現金不可で、イスタンブールカードしか使えません。

乗り場あたりでは黄色い券売機はたくさんあるが、トルコ語のメニューだけなようで、結局ほかの乗客に手伝ってカードを買って、チャージをしました。

f:id:forqualitylife8:20190423232718j:plain

 

Taksimまでなら19番乗り場から直通で、18リラでした。

空港まで一本道しかない現在、帰りは渋滞にあって、空港まで約2時間かかりました。

気ままに行く欧州の旅⑪ ザルツブルクとハルシュタットの美景を訪ねて

オーストリアにも風光明媚な湖水地区があります。

アルプス山脈からの清流で形成された透明度抜群の湖と魅力的な湖畔の町が点在しています。

特にドイツと国境界隈のハルシュタットは世界で最も美しい湖畔の町と言われ、今回はウィーンからザルツブルク経由で訪ねて行きました。

f:id:forqualitylife8:20190216173741j:plain


一、美しい湖畔の町ハルシュタット

ハルシュタットへはザルツブルグからの車が便利と思います。電車も走っているが、到着する駅は市街地の反対側の湖畔にあるので、オフシーズンなら湖を往復する定期便のボートはないため、不便です。

f:id:forqualitylife8:20190216181632j:plain

 

1時間半位のドライブの沿道には美しい森林があり、静かな湖水があり、息をのむような美景が続く、

f:id:forqualitylife8:20190216175147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216173523j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216174010j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216183531j:plain

 

雄大な自然と濃厚な中世の面影がある町並みのコントラスが見えました!

f:id:forqualitylife8:20190216212136j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181116j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216181033j:plain

 

深みのある碧色をした湖水、真っ青な空、空気までひときわ澄んだ気がする、

f:id:forqualitylife8:20190216180702j:plain

 

まるでおとぎ話に出てきたような家々、

f:id:forqualitylife8:20190216220633j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181542j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181413j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216181438j:plain

 

ここはかつて塩鉱の町として栄え、現在も展望台と塩坑見学へのケーブルカーが運航されています。ここの展望台が崖から突き出したような作りで、「世界遺産の眺め」という看板を掲げています。

f:id:forqualitylife8:20190216182223j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182207j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182509j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182535j:plain

 

運良く珍しい位の大晴天に恵まれ、高所からの眺望はまた素晴らしい、

f:id:forqualitylife8:20190216182755j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216183107j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216183146j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216183212j:plain

 

現地で聞いた話だが、なんと中国のシンセンにハルシュタットのまるごとコピーが作られたようです。現地で歩きながら思ったが、この町のいたるところに何百年に亘って刻まれていた歴史と文化の重厚感はきっとコピーできないでしょう。

f:id:forqualitylife8:20190216213058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213845j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213623j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213409j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213756j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213827j:plain

 

山の斜面にへばりつくように建てた家々も魅力的だが、ここはなんと言ってもやはり湖畔の美景です!しかも光の変化によって、様々な魅惑的な表情を見せてくれました。

f:id:forqualitylife8:20190216214943j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216214815j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216215136j:plain


美景を巧みに取り入れた湖畔でのんびりする時間もとても贅沢に思えてしまった。

f:id:forqualitylife8:20190216215822j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215509j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215737j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216215810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220300j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220244j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220534j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220451j:plain


 ハルシュタットは本来ならとても静かな湖畔の小さな町ですが、現代の観光ブームで様々な観光項目が増え、狭い土地柄の独特の風習なのか、納骨堂でアートされた頭がい骨でさえも見物される観光客が多く.......

私が町を一周し、湖畔で時間の流れに任せてぼーと夕日を眺めていました。

f:id:forqualitylife8:20190216222050j:plain


二、ザルツブルグ、楽しみが盛りだくさん

ザルツブルクはこんなに楽しい街なのかを知ったのは到着してからのことです。旅程を組む時はただモーツァルトの故郷で、ウィーンからハルシュタットへ訪ねる中継場所と考えていました。ウィーンからは1時間半位の列車旅でした

1.モーツァルトの町

第一印象は街中どこでもモーツァルト!ホテルの部屋にもモーツァルトのチョコ(笑)

f:id:forqualitylife8:20190216233430j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233653j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223417j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223248j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223027j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216222949j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223603j:plain

 

2.ゲトライデ通りのアイアン看板はすごい

ウィーンのナーグラー小路の中世的な雰囲気を体験したばかりで、旧市街のメインストリートのゲトライデ通りの鉄製アート看板に、ちょっと圧倒されました。うん、中世へのタイムスリップはやはり静かさも大事かなと思いました。

しかし、ここはまさにアイアン看板の見本市のようで、見ごたえはたっぷりあります。

f:id:forqualitylife8:20190216231524j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216224707j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224710j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224739j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225144j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225255j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225326j:plain

 

メインストリートは朝から晩まで観光客で賑わっています。

f:id:forqualitylife8:20190217000741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001228j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001250j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217000950j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225043j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225112j:plain


3.素敵な世界遺産の歴史地区は美しくて楽しい

街の中央に流れているザルツァッハ川の畔が長閑でありながらもおしゃれ、

f:id:forqualitylife8:20190216230144j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216230733j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216230736j:plain

 

徒歩で楽々渡る新市街と旧市街を繋がっているマカルト橋、

ここの橋も愛の鎖から逃れなくて......

f:id:forqualitylife8:20190216232429j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216232054j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216232051j:plain

 

両側には美しい景色が広がり、

f:id:forqualitylife8:20190216231852j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216231841j:plain

 

川の左側は旧市街であり、ここにはモーツァルトの生家もあり、美しい中世的な街並みが世界遺産でもあります。

f:id:forqualitylife8:20190216231008j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216232627j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231326j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231301j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231315j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231222j:plain


週末のマーケットはまるで祭り、

f:id:forqualitylife8:20190216232953j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216232942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233051j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233107j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233133j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233146j:plain


3.映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地

ザルツブルグモーツァルトゆかりのスポットのほか、もう一つ来訪者が殺到するスポットがあります。かつての館と庭園を改装したミラベル宮殿です。

ここの庭園も広大な公園になっており、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケにたくさん使われていました。

f:id:forqualitylife8:20190216234638j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216235246j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235258j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235253j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235433j:plain

 

この庭園をゆっくり鑑賞しようと思って、ホテルから庭まで直結してあるザルツブルクシェラトンに泊まったが、8時前庭園に入ると、すでに韓国の団体さんがいっぱい!しかもみなさん舞台セットのような衣装、小道具で大がかりな撮影を行われ、完全にペースが乱れ、あとでみたらまともに撮れた庭園の写真はほとんどありませんでした。

f:id:forqualitylife8:20190216235206j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216235051j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235030j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235123j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235107j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234934j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234944j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217000601j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234750j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234807j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234718j:plain


4.快適で便利なザルツブルクシェラトンホテル

ホテルは新市街地にあるが、中央駅から徒歩10分若で、なによりロビーのこのドアからミラベル宮殿の庭園に直結しています。

f:id:forqualitylife8:20190217001546j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217001803j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001810j:plain

 

ホテル自体は結構年数が経っているようで、普通のツインだが、清掃が行き届き、アットホームな雰囲気。

f:id:forqualitylife8:20190217002147j:plain

 

団体客は多く、朝食の時はちゃんとSPGの専用席があり、浴室にタオルヒーターがあります。

f:id:forqualitylife8:20190217002311j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217002319j:plain

 

サービスはとても丁寧で、特にロビーのピアノ弾きが大変お上手な方で、2泊で結局毎晩ホテルでピアノを聞きながら食事をしました。

f:id:forqualitylife8:20190217002611j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217002747j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217002801j:plain

 

五、ホーエンザルツブルグ城、今回の嬉しいサプライズ!

f:id:forqualitylife8:20190216232419j:plain

 

メンヒスベルクという丘の上に聳え立つこの要塞のようなお城は、15世紀で完成された後、焼き討ちに免れ、攻撃にも陥ったことはなく、現在でもヨーロッパ最大規模を誇る要塞だそうです。

f:id:forqualitylife8:20190217004128j:plain

 

ケーブルカーで登って、さらに階段を登って、ようやくお城です。

f:id:forqualitylife8:20190217004523j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217004533j:plain

 

登ったところには大きな広場があり、現在は展望カフェになっている。

f:id:forqualitylife8:20190217005020j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217004904j:plain

 

城内はかなり広く、鐘楼、薬草塔、鋳物の塔、刑務所、武器庫、貯蔵庫等が作られてある。

f:id:forqualitylife8:20190217005219j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005209j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005807j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005642j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005232j:plain

 

城中はまるで一つの町。ゴシック風な作りもあり、

f:id:forqualitylife8:20190217005425j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005339j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005448j:plain

 

立派な教会

f:id:forqualitylife8:20190217010031j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217010043j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217010322j:plain

 

もちろん、高台にあるお城からの眺望は素晴らしくて、ザルツブルグの街並みを一望する絶好な場所です。

f:id:forqualitylife8:20190217010855j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217010912j:plain

 

次はブダベストです。秋のヨーロッパの長旅もそろそろ終わります。