一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

春の欧州② 芸術三昧のパリと欧州までの寄り道

一、今回欧州の入口は芸術の都、パリ

快適なエバー航空の夜行便で楽々早朝のパリに着きました。

f:id:forqualitylife8:20190829231843j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231818j:plain

 

デザイン性重視のシャルル・ド・ゴール空港で異なるターミナル移動はJFK、LHR同様、速攻で旅の疲れを思い出させました。

f:id:forqualitylife8:20190829232444j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829232455j:plain

 

今回旅のメイン目的地スペインバスク地区の玄関ビルバオへ夜発のエールフランスに乗り換えるため、まず同じT2にある荷物預かり所でスーツケースを預けました。

荷物預かり所のフロアのDoreeカフェは安くてうまい。昔空港から地方へ直行するTGVに乗る前もよくここでひと休みをしました。

f:id:forqualitylife8:20190901134859j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901134137j:plain


丸々一日があるので、今回は市内へ出て美術館と美術館併設カフェなどを巡るプランをしました。

1.パリ市立近代美術館(Musée d'art moderne de la Ville de Paris)

16区にあるこのパブリックの美術館には、鮮やかな色彩が画風のデュフィ(Dufy)の大作『電気の精』、立派な美しい支柱に囲まれる美術館カフェがあります。10時の開館に合わせ、シャトルバスで向かいました。

f:id:forqualitylife8:20190901135510j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901135534j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901141753j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901135527j:plain

 

残念ながら旅行した4月の時、『電気の精』が貸し出し中で、カフェも工事のため閉鎖されていました。

f:id:forqualitylife8:20190901140422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901141848j:plain

 

現代作品はあまり理解できなく、常設の無料展示作を少し鑑賞し、

f:id:forqualitylife8:20190901142120j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901142313j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901142619j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901142245j:plain

 

美術館の建築を鑑賞するに外へ出ました。

1937年パリ万博のために作られたこの美術館の建物自体も芸術品のように素晴らしいです。

f:id:forqualitylife8:20190901144420j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901150418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145256j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145100j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901144656j:plain

 

建物の外壁に施した彫刻の緻密さとスケールに圧倒され、

f:id:forqualitylife8:20190901144853j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145208j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901151400j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145719j:plain

 

セーヌ川方向の向かい側は、もうエッフェル塔!

f:id:forqualitylife8:20190901150411j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901150349j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901145058j:plain


近代美術館ではモーニングカフェができなかったが、道路の向かい側にマルシェを見かけて、ローカル味の食べ物を目で楽しみながら、フランスに来た!っと実感しました。

f:id:forqualitylife8:20190901152613j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901152559j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901230654j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901230809j:plain

 

2.オルセー美術館でランチ

短いパリ旅行の美術館選定は結局ルーブルになってしまうが、今回は気軽な一人旅で、華やかなミュゼ・ドゥ・オルセー・レストランでランチすることに決めました。

イエローベストのデモでシャンゼリゼ通りは全部通行止めのため、Uberですこし遠回りをし、昼頃オルセーへ移動しました。

f:id:forqualitylife8:20190901154811j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901154109j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901154753j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901154146j:plain

 

夏休みなどの混雑期ではないので、レストランも予約なしで入り、しかも窓側の席へ案内してくれました。ランチセットでも、特にクルトンをその場で入れてくれたボタージュはさすがに本場らしく、濃厚なバターが効き、美味しかったです!

f:id:forqualitylife8:20190901161026j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161025j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901160333j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901155654j:plain

 

超久々のオルセー美術館

f:id:forqualitylife8:20190901155514j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161401j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161358j:plain


素晴らしい大作の数々、春という季節柄で特に光と影の美しいモネの作品をたっぷり鑑賞でき、本物に触れる贅沢な時間がとても心地良かったです。

f:id:forqualitylife8:20190901161418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161556j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161557j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901161613j:plain
 

 

3.オランジュリー美術館のモネワールド

陽気の春。セーヌ河を気持ちよく散歩しながら、もう一つのモネワールド、オランジェリー美術館の睡蓮館へ向かいました。

f:id:forqualitylife8:20190901163244j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901163020j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901163357j:plain


橋を渡ったらそこはもうチュイルリー公園。

平和な週末、日光浴を楽しんでいるパリ市民の姿がいっそう優雅に映りました。

f:id:forqualitylife8:20190901163643j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164314j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164257j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164437j:plain


 パノラマ展示の睡蓮ワールド

f:id:forqualitylife8:20190901164549j:plain

f:id:forqualitylife8:20190901164751j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901164948j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165016j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165024j:plain


芸術の世界にたっぷり浸って、あっという間に夕方になりました。

公園を出てヴァンドーム広場方面へ歩き、普段は高級店が立ち並ぶ賑わっているこの界隈もデモの影響でバリケードがあっちこっちに置かれていました。

f:id:forqualitylife8:20190901165400j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165419j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165428j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165442j:plain

 

オペラ座のロワシーバスで空港へ戻ろうと思ったが、残念ながらデモの影響で運行休止になった。バス停で荷物を持って困ってる日本人若者にタクシーシェアを声掛けたが、なぜか警戒されました(汗)。

今度は若い女性から英語で声かけられ、待機中のジャマイカ人のドライバーさんが一人20ユーロでいいよって気持ちよく空港まで乗せてくれました。

ラファイエットで働いている彼女は友人結婚式のためプラハへ行くが、フランス人にしてはすごく英語がうまいなと思ったら、ブルガリアの移民でした。

f:id:forqualitylife8:20190901170009j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901165941j:plain

 

 二、パリまでの楽しい寄り道

欧州までは大好きなエバー航空に乗るため、名古屋からパリまでは大韓航空、タイ航空、そしてエバー航空をハシゴしました。

f:id:forqualitylife8:20190901231622j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901231620j:plain

噂のコチジャン付きのアシアナ航空の機内食

f:id:forqualitylife8:20190901231751j:plain
f:id:forqualitylife8:20190901231754j:plain

おもてなし感満載の仁川空港

f:id:forqualitylife8:20190829223419j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829223414j:plain
この空港は誘惑が多い!買物する気がなくても、モンクレールで即散財。
f:id:forqualitylife8:20190829224319j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829224305j:plain
ラウンジ食もいいが、イミグレを出て空港ビル1階のGong Chaへ、
f:id:forqualitylife8:20190829225058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829225101j:plain
仁川からはタイ航空に乗り継ぎ、
f:id:forqualitylife8:20190829225157j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829225206j:plain
以遠権且つ近距離のタイ航空の素っ気ない機内食をパスし、台北到着。
f:id:forqualitylife8:20190829230222j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829230223j:plain
ターミナル移動後立ち寄ったエバーデスク、後日のストライキで思ったが、スタッフの数が多すぎたのも一因かも、
f:id:forqualitylife8:20190829230638j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829230630j:plain
台北空港のビジネスラウンジより、フードコートのお店が魅力的に思う、
f:id:forqualitylife8:20190829231314j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829232124j:plain
ようやく、待望のエバー航空を搭乗。時はすでに深夜、
f:id:forqualitylife8:20190829231533j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231539j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231538j:plain
f:id:forqualitylife8:20190829231548j:plain
夜行便に負けず、エバーの機内食を可能な限り満喫!

f:id:forqualitylife8:20190901134143j:plain
何を食べてもおいしい機内食、お気に入りのアメニティ、心地よいサービスの数々、欧州まで10時間位のフライトはあっという間でした。

春の欧州へ① 今回の旅概要

一、二転三転の旅程変更

今回の旅ほど旅程の方向修正を何度も変更したことはなかったです。

実はずっと南米へ行きたくて、ANAデスクのスタッフさんのおかげで漸く念願の世界一周ファーストクラスの特典航空券を発券したが、自由なようで結構不自由な仕事の都合で急遽その旅程では行けなくなりました。綱渡り状態で取れた特典での日程変更はほぼ無理なので、泣く泣く一旦キャンセルせざるを得なくなりました。

諦めきれず、日程調整後今度は有償で世界一周券を購入したが、しばらくしたらなんと目玉になっているFRA発のLHファーストを初め、3つのファースト区間の機材変更によりダウングレードが発生しました。これではさすがに有償券の意味がなくなり、ANAも手数料なしでキャンセルをさせて頂きました。

すでに空けてある日程もあり、やはり大好きな春の欧州へ行くことになりました。

f:id:forqualitylife8:20190513112324j:plain

 

二、欧州の旅プラン

近年結構頻繁にヨーロッパへ旅をしているが、行けば行くほどその奥深い魅力に引き込まれています。方向が決まったら、あれもこれも、あっという間にまた盛りだくさんの旅プランになりました。

 

1.Game of Thronesのロケ地絶景

シーズン7でドラゴン姫が故郷のドラゴン・ストーンに戻ったシーンで使われていた海に囲まれた岩山はサンフアン・デ・ガステルガチェです。

海に浮かぶような石の階段はあまりにも幻想的で美しい。この「スペインでも最も美しい風景」、「世界のすごい階段7選」に選ばれた絶景を見に行きました。

f:id:forqualitylife8:20190513121006j:plain

 

2.念願のバスク地区(PAYS BASQUE)巡り

絶景の「サンフアン・デ・ガステルガチェ」はスペイン北部のバスク地区にあり、最近テレビでもよく紹介されたサン・セバスティアンのような都会の街のみならず、スペインとフランスの国境にある独自の文化と魅力を持つバスク地区の村々を廻る機会になりました。

芸術の街、ビルバオ

f:id:forqualitylife8:20190513122922j:plain

 美食の街、サン・セバスティアン

f:id:forqualitylife8:20190513123153j:plain

 美しいフレンチバスクの村々

f:id:forqualitylife8:20190513123745j:plain

濃厚な中世的な魅力のあるスペインバスク

f:id:forqualitylife8:20190513125347j:plain

海辺に佇むバスクコーストの港街

f:id:forqualitylife8:20190513124341j:plain

 中世からの巡礼道カミノ・デ・サンティアゴ(Camino de Santiago)

f:id:forqualitylife8:20190513124837j:plain

 

3.芸術の欧州!磁都と迫力のあるタイル絵

アズレージョンの本場、ポルトガルのポルト

f:id:forqualitylife8:20190513125454j:plain

 

旧東ドイツの磁都ドレスデン

f:id:forqualitylife8:20190513125612j:plain

 

4.欧州で教養を深める

プラハにある世界一美しい図書館、クレメンティウム

f:id:forqualitylife8:20190513130256j:plain

 ポルトにある世界一美しい本屋、レロ・ イ・ イルマオン

f:id:forqualitylife8:20190513130943j:plain

 ストリート・アートという”芸術”も

リスボンの名物詩のケーブルカー

f:id:forqualitylife8:20190513131137j:plain

 ドレスデンの芸術村「クンストホーフ・パッサージュ」(KunsthofPassage)

f:id:forqualitylife8:20190513131317j:plain

 ハイデルベルクの学生牢(Studentenkarzer)

f:id:forqualitylife8:20190513131459j:plain

 

5.魅せられる美しい建築の数々

リスボン郊外にある古都シントラのペナ宮

f:id:forqualitylife8:20190513132211j:plain

シントラにあるもう一つの絶景名園「レガレイラ」

f:id:forqualitylife8:20190513132436j:plain
ハイデルベルク城と郊外の黒い森にある木枠の家々

f:id:forqualitylife8:20190513132826j:plain

 

 6.パリで美術館三昧とモネワールド

盛りだくさんすぎて、ほぼ忘れていたが、パリでこの季節にぴったりな光と影のモネ世界もたっぷり鑑賞してきました。

f:id:forqualitylife8:20190513133852j:plain

 

三、旅のもう一つの楽しみ

乗りたいエバー航空とターキッシュ航空のために、行きも帰りもかなり寄り道をしました。振り返ってみると一枚に航空券でよくもこんなに行けたなって自分でも感心しております。

全旅程はこんな感じでした。

NGO~ICN~TPE~CDG~~(もろもろ)~~ FRA~ IST ~TPE~ FUK~ NGO

 

大好きなエバー航空の機内食鼎泰豊を2回食べ、

f:id:forqualitylife8:20190513134915j:plain

 

色もお気に入りの長距離便のアメニティを頂き、

f:id:forqualitylife8:20190513135328j:plain

 

初めてのTKビジネスで久しぶりにイスタンブールに立ち寄り、

f:id:forqualitylife8:20190513140140j:plain

 

しかし、今回は珍しく欧州内でいくつもの交通機関のトラブルに遭遇しました。

機会があればトラブル編をまとめてみたいとは思いますが、結果的には全旅程がほぼ予定通りに進み、特に念願のバスク地区をたっぷり廻り、美景美食で楽しい思い出がたくさんできた旅となりました。

イスタンブールの新空港

2019年4月7日から旧アタチュルク国際空港から全面移行したばかりの新しい「イスタンブール空港」を利用してきました。

f:id:forqualitylife8:20190423211310j:plain

 

新規オープンの巨大な空港様子をツイッターでアップしたら、自己史上最高の100を超えた「いいね」をいただきました。関心のある方が多いではないかと思うので、実際利用した情報をまとめてみました。

とにかくとてつもなく広い空港なので、しかもLHRJFKのような分散したメガ級空港と違って、一ヶ所集中で一見便利に見えるが、中では全部徒歩しかないので、結構疲れます。 

4月中旬にターキッシュエアライン(TK便、ビジネスクラス)で市内一泊のトランジット利用のため、出入国の情報とTKラウンジ情報を中心にお伝えします。

 

1.とにかく巨大すぎる

降りたゲートからバゲージエリアまで先が見えないような遠さ、

f:id:forqualitylife8:20190423212126j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423212136j:plain

 

ラウンジエリアから搭乗ゲートまで約2キロ、

f:id:forqualitylife8:20190423212815j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423212907j:plain


入国審査のところから市内行きのバスまで探しながら空港内でおそらく3、4キロも歩きました。

f:id:forqualitylife8:20190423212333j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423213123j:plain

 

広すぎて、標識もすぐ見当たらなくて、インフォメーションブースを探そうと思っても、結局歩き疲れ、途中諦めました。

「ask me」というTシャツを着ているスタッフが所々にいるが、二人の方にバス停のことを聞いてみたが、違う答えが返ってきて、また諦めて、自力で出口っっぽい方向へ行き、地下2階にあるバス停にたどり着きました。

f:id:forqualitylife8:20190423212430j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423213304j:plain

 

ブランド免税店のほか、密集したショッピングブースも大量にあり、右はラウンジから見た風景です。

f:id:forqualitylife8:20190423223320j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423223434j:plain

本当に必要かなと思うような広さ......


2.待望のTK新ラウンジ

場所

趣のある旧アタチュルク国際空港のラウンジに比べると、たいぶ簡素なデザインとなりました。フラットな免税店上に広がる2階の部分は全部ラウンジです。

左の写真の2階は現在TKビジネスの専用部分であり、右のはスタアラのビジネス用だそうです。

f:id:forqualitylife8:20190423214356j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423214558j:plain

 

ラウンジの場所は分かりやすいです。

TKラウンジはセキュリティゾーンを終えたら、正面に2か所あります。

f:id:forqualitylife8:20190423215122j:plain

 

まだ全部内装が終えてない左側のLV、右側のHERMESの上はラウンジです。

スタアラのラウンジはHERMES側からさらに100m先だそうで、遠すぎで確認に行けませんでした。

f:id:forqualitylife8:20190423215134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423215143j:plain

 

 入口は前後2か所あり、この頃流行りの自動改札方式です。

f:id:forqualitylife8:20190423220259j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220307j:plain

 

搭乗券のバーコードで入ってから2階に上がるエレベータがあります。

f:id:forqualitylife8:20190423220705j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220714j:plain

 

設備

仕切りはないが、異なる雰囲気のエリアゾーンにソファや椅子はたっぷりあります。

f:id:forqualitylife8:20190423221241j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220940j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220950j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423220857j:plain

 

満員のため写真を撮れなかったが、カーテンで個室風に仕切られてるカウチの場所も多数あり、シャワールームに「スイート」という名の簡易ホテル風の部屋もあるが、前後便ともTK便利用とか、利用条件があります。

f:id:forqualitylife8:20190423220516j:plain

 

素晴らしく便利な透明ロッカーは健在です。しかも壁一面に鍵付きの充電ロッカーもありました。

f:id:forqualitylife8:20190423222017j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423222122j:plain

 

長時間でも退屈したいようなゴルフ練習ブースや、ポップコーン機付きの子供エリアなども完備されています。

f:id:forqualitylife8:20190423222240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423222602j:plain

 

Wifiは自動発券機で、

f:id:forqualitylife8:20190423223206j:plain

 

コンシェルジュデスクは総合受付兼になっています。

f:id:forqualitylife8:20190423222849j:plain


食事

食事のバリエーションは以前と変わらず、エアラインラウンジの世界では不動の世界一と思います。(香港のキャッセイも素晴らしいと思うが)

気前よく24時間体制で大量な食事が丹念に提供され、食事関連で働いているスタッフの数も大型ホテルのバイキングなみです。

f:id:forqualitylife8:20190423223931j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423223858j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423223855j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224114j:plain

 

焼き立てのナン、パニーニ、各種パティスリー、スープ、洋食等々、朝発の便で出発前に行ったら、オムレツを作るエッグスタンドまでありました。

f:id:forqualitylife8:20190423224148j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224145j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224332j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224426j:plain


そして大人気のスイーツコーナー。デメル(DEMEL)のケーキやクッキーはもちろんのこと、

f:id:forqualitylife8:20190423224803j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423224713j:plain

 

現場で大人気なのはかわいい盛り付けのトルコ菓子です。

f:id:forqualitylife8:20190423225227j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225103j:plain

 

食べなくても、目で楽しめました。

f:id:forqualitylife8:20190423225416j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225354j:plain

 

飲み物の種類ももりだくさん、本格的なコーヒースタンド。

f:id:forqualitylife8:20190423225537j:plain

 

ハード(笑)&ソフトドリンク、

f:id:forqualitylife8:20190423225600j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225549j:plain

 

個人的にお気に入りのトルコ茶の部屋。

好きなブレンド茶を南部鉄器のようなポットで作ってもらえます。

f:id:forqualitylife8:20190423225743j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225809j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225836j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423225852j:plain

 

3.TK上級ユーザーには至れり尽くせり

5番ターミナルはTKビジネス専用となっています。

看板ではスターアライアンスも書いたようだが、実は今回フランクフルトでLHから黄色い搭乗券が発行され、入口で赤のTK搭乗券でないことで止められ、再三確認後やっと入れた経緯がありました。

f:id:forqualitylife8:20190423231127j:plain

f:id:forqualitylife8:20190423231154j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423231137j:plain

 

専用のチェックインターミナルに続き、専用のファーストトラックがあり、出国審査後、広大なターミナルで最小限の移動で済む立地で広大なビジネスラウンジが作られています。

f:id:forqualitylife8:20190423231304j:plain
f:id:forqualitylife8:20190423231321j:plain

f:id:forqualitylife8:20190423231439j:plain

 

4.市内へのアクセス

地元の友人の話では、現地ではこの新空港の建設に反対する人も多く、やはりゼネコン事業に表と裏がいろいろあるのはどの国も同じでしょう。実際この山間部に造られている空港は現在まわりには本当に何もありません。鉄道もこれから開通になる予定ですが、現時点では市内へのアクセスはバスと車のみです。

f:id:forqualitylife8:20190423232730j:plain

 

バスは民営のHavistと国営のIEETの2社あるが、市内観光地までは断然Havaistが便利です。問題はこのバスは現金不可で、イスタンブールカードしか使えません。

乗り場あたりでは黄色い券売機はたくさんあるが、トルコ語のメニューだけなようで、結局ほかの乗客に手伝ってカードを買って、チャージをしました。

f:id:forqualitylife8:20190423232718j:plain

 

Taksimまでなら19番乗り場から直通で、18リラでした。

空港まで一本道しかない現在、帰りは渋滞にあって、空港まで約2時間かかりました。

気ままに行く欧州の旅⑪ ザルツブルクとハルシュタットの美景を訪ねて

オーストリアにも風光明媚な湖水地区があります。

アルプス山脈からの清流で形成された透明度抜群の湖と魅力的な湖畔の町が点在しています。

特にドイツと国境界隈のハルシュタットは世界で最も美しい湖畔の町と言われ、今回はウィーンからザルツブルク経由で訪ねて行きました。

f:id:forqualitylife8:20190216173741j:plain


一、美しい湖畔の町ハルシュタット

ハルシュタットへはザルツブルグからの車が便利と思います。電車も走っているが、到着する駅は市街地の反対側の湖畔にあるので、オフシーズンなら湖を往復する定期便のボートはないため、不便です。

f:id:forqualitylife8:20190216181632j:plain

 

1時間半位のドライブの沿道には美しい森林があり、静かな湖水があり、息をのむような美景が続く、

f:id:forqualitylife8:20190216175147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216173523j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216174010j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216183531j:plain

 

雄大な自然と濃厚な中世の面影がある町並みのコントラスが見えました!

f:id:forqualitylife8:20190216212136j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181116j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216181033j:plain

 

深みのある碧色をした湖水、真っ青な空、空気までひときわ澄んだ気がする、

f:id:forqualitylife8:20190216180702j:plain

 

まるでおとぎ話に出てきたような家々、

f:id:forqualitylife8:20190216220633j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181542j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181413j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216181438j:plain

 

ここはかつて塩鉱の町として栄え、現在も展望台と塩坑見学へのケーブルカーが運航されています。ここの展望台が崖から突き出したような作りで、「世界遺産の眺め」という看板を掲げています。

f:id:forqualitylife8:20190216182223j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182207j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182509j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182535j:plain

 

運良く珍しい位の大晴天に恵まれ、高所からの眺望はまた素晴らしい、

f:id:forqualitylife8:20190216182755j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216183107j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216183146j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216183212j:plain

 

現地で聞いた話だが、なんと中国のシンセンにハルシュタットのまるごとコピーが作られたようです。現地で歩きながら思ったが、この町のいたるところに何百年に亘って刻まれていた歴史と文化の重厚感はきっとコピーできないでしょう。

f:id:forqualitylife8:20190216213058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213845j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213623j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213409j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213756j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213827j:plain

 

山の斜面にへばりつくように建てた家々も魅力的だが、ここはなんと言ってもやはり湖畔の美景です!しかも光の変化によって、様々な魅惑的な表情を見せてくれました。

f:id:forqualitylife8:20190216214943j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216214815j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216215136j:plain


美景を巧みに取り入れた湖畔でのんびりする時間もとても贅沢に思えてしまった。

f:id:forqualitylife8:20190216215822j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215509j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215737j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216215810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220300j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220244j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220534j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220451j:plain


 ハルシュタットは本来ならとても静かな湖畔の小さな町ですが、現代の観光ブームで様々な観光項目が増え、狭い土地柄の独特の風習なのか、納骨堂でアートされた頭がい骨でさえも見物される観光客が多く.......

私が町を一周し、湖畔で時間の流れに任せてぼーと夕日を眺めていました。

f:id:forqualitylife8:20190216222050j:plain


二、ザルツブルグ、楽しみが盛りだくさん

ザルツブルクはこんなに楽しい街なのかを知ったのは到着してからのことです。旅程を組む時はただモーツァルトの故郷で、ウィーンからハルシュタットへ訪ねる中継場所と考えていました。ウィーンからは1時間半位の列車旅でした

1.モーツァルトの町

第一印象は街中どこでもモーツァルト!ホテルの部屋にもモーツァルトのチョコ(笑)

f:id:forqualitylife8:20190216233430j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233653j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223417j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223248j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223027j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216222949j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223603j:plain

 

2.ゲトライデ通りのアイアン看板はすごい

ウィーンのナーグラー小路の中世的な雰囲気を体験したばかりで、旧市街のメインストリートのゲトライデ通りの鉄製アート看板に、ちょっと圧倒されました。うん、中世へのタイムスリップはやはり静かさも大事かなと思いました。

しかし、ここはまさにアイアン看板の見本市のようで、見ごたえはたっぷりあります。

f:id:forqualitylife8:20190216231524j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216224707j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224710j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224739j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225144j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225255j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225326j:plain

 

メインストリートは朝から晩まで観光客で賑わっています。

f:id:forqualitylife8:20190217000741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001228j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001250j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217000950j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225043j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225112j:plain


3.素敵な世界遺産の歴史地区は美しくて楽しい

街の中央に流れているザルツァッハ川の畔が長閑でありながらもおしゃれ、

f:id:forqualitylife8:20190216230144j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216230733j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216230736j:plain

 

徒歩で楽々渡る新市街と旧市街を繋がっているマカルト橋、

ここの橋も愛の鎖から逃れなくて......

f:id:forqualitylife8:20190216232429j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216232054j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216232051j:plain

 

両側には美しい景色が広がり、

f:id:forqualitylife8:20190216231852j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216231841j:plain

 

川の左側は旧市街であり、ここにはモーツァルトの生家もあり、美しい中世的な街並みが世界遺産でもあります。

f:id:forqualitylife8:20190216231008j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216232627j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231326j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231301j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231315j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231222j:plain


週末のマーケットはまるで祭り、

f:id:forqualitylife8:20190216232953j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216232942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233051j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233107j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233133j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233146j:plain


3.映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地

ザルツブルグモーツァルトゆかりのスポットのほか、もう一つ来訪者が殺到するスポットがあります。かつての館と庭園を改装したミラベル宮殿です。

ここの庭園も広大な公園になっており、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケにたくさん使われていました。

f:id:forqualitylife8:20190216234638j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216235246j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235258j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235253j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235433j:plain

 

この庭園をゆっくり鑑賞しようと思って、ホテルから庭まで直結してあるザルツブルクシェラトンに泊まったが、8時前庭園に入ると、すでに韓国の団体さんがいっぱい!しかもみなさん舞台セットのような衣装、小道具で大がかりな撮影を行われ、完全にペースが乱れ、あとでみたらまともに撮れた庭園の写真はほとんどありませんでした。

f:id:forqualitylife8:20190216235206j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216235051j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235030j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235123j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235107j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234934j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234944j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217000601j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234750j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234807j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234718j:plain


4.快適で便利なザルツブルクシェラトンホテル

ホテルは新市街地にあるが、中央駅から徒歩10分若で、なによりロビーのこのドアからミラベル宮殿の庭園に直結しています。

f:id:forqualitylife8:20190217001546j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217001803j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001810j:plain

 

ホテル自体は結構年数が経っているようで、普通のツインだが、清掃が行き届き、アットホームな雰囲気。

f:id:forqualitylife8:20190217002147j:plain

 

団体客は多く、朝食の時はちゃんとSPGの専用席があり、浴室にタオルヒーターがあります。

f:id:forqualitylife8:20190217002311j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217002319j:plain

 

サービスはとても丁寧で、特にロビーのピアノ弾きが大変お上手な方で、2泊で結局毎晩ホテルでピアノを聞きながら食事をしました。

f:id:forqualitylife8:20190217002611j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217002747j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217002801j:plain

 

五、ホーエンザルツブルグ城、今回の嬉しいサプライズ!

f:id:forqualitylife8:20190216232419j:plain

 

メンヒスベルクという丘の上に聳え立つこの要塞のようなお城は、15世紀で完成された後、焼き討ちに免れ、攻撃にも陥ったことはなく、現在でもヨーロッパ最大規模を誇る要塞だそうです。

f:id:forqualitylife8:20190217004128j:plain

 

ケーブルカーで登って、さらに階段を登って、ようやくお城です。

f:id:forqualitylife8:20190217004523j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217004533j:plain

 

登ったところには大きな広場があり、現在は展望カフェになっている。

f:id:forqualitylife8:20190217005020j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217004904j:plain

 

城内はかなり広く、鐘楼、薬草塔、鋳物の塔、刑務所、武器庫、貯蔵庫等が作られてある。

f:id:forqualitylife8:20190217005219j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005209j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005807j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005642j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005232j:plain

 

城中はまるで一つの町。ゴシック風な作りもあり、

f:id:forqualitylife8:20190217005425j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005339j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005448j:plain

 

立派な教会

f:id:forqualitylife8:20190217010031j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217010043j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217010322j:plain

 

もちろん、高台にあるお城からの眺望は素晴らしくて、ザルツブルグの街並みを一望する絶好な場所です。

f:id:forqualitylife8:20190217010855j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217010912j:plain

 

次はブダベストです。秋のヨーロッパの長旅もそろそろ終わります。

気ままに行く欧州の旅⑩ 街全体が美術館のような美しいプラハ

プラハの美しさを形容する美称は実にたくさんあります。

「建築博物館」、「黄金の都」、「百塔の街」、「宝石の都市」.......プラハのような美しすぎる街は本来ならそこだけで1,2週間ゆっくり滞在できる旅スタイルが理想ですが、思うようにいかないのはまた残念な世の常でしょうね。

f:id:forqualitylife8:20190211095716j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211095906j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102420j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081110j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091617j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102935j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104407j:plain

 

いまだに日本からの直行便はないようで、欧州内での列車移動が快適で便利です。

ウィーンからプラハまではレイルジェットで約3時間半位です。

ちなみにチェコ発ウィーン行きの列車だと、社内食堂は美味しくて安いです。1等だと席までフルサービスも可能なので、一人旅にはありがたいです。

f:id:forqualitylife8:20190211100952j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211101010j:plain

 

車窓から素敵な欧州田園風景を眺めながら、もうブラハです。

f:id:forqualitylife8:20190211102036j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102039j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102102j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102040j:plain

 

一、建築宝庫のプラハでカフェ巡りと街歩き

カフェ巡り

プラハの街並みは11~18世紀に亘って幾度もの戦火から逃れ、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスバロック、さらにアールヌーヴォ様式等、様々な時代の建築物がまるで博覧会のように混在され、多彩で美しい建物の一部を利用したカフェ巡りも楽しいです。

f:id:forqualitylife8:20190211102726j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211104006j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104614j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104112j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104155j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104915j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104300j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104610j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104031j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105702j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105646j:plain

 

建物の隙間を巧みに利用し、遊び心満載のところもあり、一人でやっと通れるような入口に信号機があり、

f:id:forqualitylife8:20190211105859j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215083458j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105840j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105943j:plain

 

一列に並んで狭い階段を降りたら、案外広いテラスのあるシックなカフェレストラン、

f:id:forqualitylife8:20190211110140j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211110157j:plain

 

街歩き

建築の博物館のような旧市街で街歩き、f:id:forqualitylife8:20190212083701j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212084617j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212084303j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212084219j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212084015j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081505j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081342j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081427j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081323j:plain

 

大きな工事現場もちょっとしたテーマパークのような仕掛けを作り、

f:id:forqualitylife8:20190212081731j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081734j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081643j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081632j:plain


様々な年代の建築にある華麗な装飾はまるで芸術品、

f:id:forqualitylife8:20190212082738j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082637j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082556j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212083943j:plain


長い歴史で蓄積されてきたセンスの良いアートが至るところにあり、

f:id:forqualitylife8:20190212083005j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081913j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212083118j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212083254j:plain


パリの街角?って一瞬錯覚するような高級ブランド街、

f:id:forqualitylife8:20190212082842j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082912j:plain


マーケットだって、こんなにお洒落、

f:id:forqualitylife8:20190212082115j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082226j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082315j:plain

 

ここだけで半日位ぶらぶらしていたいな、

f:id:forqualitylife8:20190212082426j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215085325j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215085328j:plain


リバークルーズ 

悠然と街を縦断するように流れているモルダウ川からの眺めはまた格別、

f:id:forqualitylife8:20190212085804j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212090337j:plain

 

ここにもアートがあり、

f:id:forqualitylife8:20190212090130j:plain

 

情調溢れる旧市街と華やかな新市街が不思議に融合している美しい街並みを眺めながら、スメタナの「わが祖国」のメロディが自然と浮かぶ、

f:id:forqualitylife8:20190212090237j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212090449j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212090504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085943j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085745j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091920j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091954j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085035j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085218j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085439j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091223j:plain

 

二、必見!プラハ

フラチャヌィという丘の上に聳えたつブラハ城の秋は格別に素敵です。

ここはギネスで認定された世界で最も大きなお城の一つであり、特にゴシック風の聖ヴィート教会は中欧たくさんの聖堂のお手本とも言われています。

美しいトラムで到着。お見事な黄葉に出会った!

f:id:forqualitylife8:20190215091331j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215091226j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091310j:plain


中心部へ向かう、

f:id:forqualitylife8:20190215091625j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091550j:plain

 

巨大すぎて、広角レンズがないと全体が収まりきれない程壮観な聖ヴィート教会、

f:id:forqualitylife8:20190215091707j:plain

 

様々な角度から眺め、美術館のパティオのベンチに寝そべて見上げる尖塔がいっそう迫力が感じる。

f:id:forqualitylife8:20190215091855j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091906j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092224j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091957j:plain


内部も美しい。

f:id:forqualitylife8:20190215092303j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092317j:plain

 

格好いい衛兵の交代パフォーマンスも素敵で、

f:id:forqualitylife8:20190215092709j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092732j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092825j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092810j:plain

 

カフェでチェコ風アップルパイをいただきながら、違う角度からもお城鑑賞。

f:id:forqualitylife8:20190215093155j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215093237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093210j:plain

 

いろんな欧州の古城を見てきたが、プラハ城は特別にロマンチックで魅力的!売店でかわいい絵本を購入しました。

f:id:forqualitylife8:20190215092518j:plain

 

帰り道は美しいオレンジ色の屋根と石畳みの絶景を楽しみながら、石階段で降りた。

f:id:forqualitylife8:20190215093524j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215093608j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093620j:plain

 

長い下り道だが、沿道にレモネード売りのスタンドや占いなどがあり、

f:id:forqualitylife8:20190215093658j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093703j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093721j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093725j:plain


降りたところは素敵な庭園があります

f:id:forqualitylife8:20190215094110j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093958j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093924j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215094133j:plain

 

ジンジャークッキーの売店を冷やかし、

f:id:forqualitylife8:20190215094338j:plain

 

いつも賑わっている有名なカレル橋を渡って、旧市街に戻りました。

f:id:forqualitylife8:20190215094518j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215094700j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215094628j:plain

 

三、プラハでの異文化体験

チェコEUに加盟したが、いまだにユーロではなく、独自の通貨が使用されいるためか、とにかく街角には両替の看板が異様に多いです。

f:id:forqualitylife8:20190215095424j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095423j:plain

 

噂のビアSPA

行ってみました。

旧市街の中心部にあるお店ですが、写真映りや話題性にはよいかもしれないが、たしかにビールは飲み放題ですが、SPAと言っても、まったく落ち着かないビール風呂の場所でした。

f:id:forqualitylife8:20190215095942j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215095830j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095847j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095912j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095902j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100228j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100103j:plain


さらに衝撃を受けたのはプラハの白鳥たちです!

数に圧倒された!

f:id:forqualitylife8:20190215100429j:plain

 

逞しさに圧倒された!

f:id:forqualitylife8:20190215100622j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215100557j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100724j:plain

 

季節柄か、自分の中の「白鳥の湖」が新たな一章が加えられたような体験でした。

f:id:forqualitylife8:20190215100955j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215101012j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100925j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100941j:plain

 

とは言い、プラハの魅力はやはり無敵です。今度の春の欧州旅もまた少し寄ることにしました。

f:id:forqualitylife8:20190212091841j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212090155j:plain

 

次はオーストリアの湖畔にある美しい街へ行きます。

気ままに行く欧州の旅⑨ ウィーン!東欧への中継地

本来は10月のウィーン、ブラハ、ブダベストなどの秋景色を観に行きたいと思っていたが、旅程を組んでいるうちに、どんどん行きたくなる場所が増えました。

結局ウィーンを東欧方面のベースにし、そこから鉄道でプラハ、ブダベスト、さらにオーストリア湖水地方ザルツブルクハルシュタットへ行く旅程になったが、中継地のウィーンでは行き来で合計4泊をしました。

f:id:forqualitylife8:20190210230428j:plain

一、一筆書きで見るウィーンの秋景色

セビリアからウィーンまではイベリア航空オーストリア航空の乗り継ぎで、どっちも欧州内の短距離ビジネスクラスは簡単な機内食があるだけで、席はエコノミーと変わりませんでした。(真ん中の席がブロックされた位)

f:id:forqualitylife8:20190210231135j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231037j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231025j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231027j:plain

 

ウィーンの美しい街並みは秋の黄葉にも映える。まずはモーツァルト像にご挨拶、

f:id:forqualitylife8:20190210231442j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231447j:plain

 

 カフェで一杯、

f:id:forqualitylife8:20190210232031j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232101j:plain

 

アジアフードも恋しくなり、お上品な「日本橋」も向かい側の庶民中華も行き、

f:id:forqualitylife8:20190211000356j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211000357j:plain

 

スーパーにあるフレッシュオレンジジュースも、街角のベーカリーも楽しくて、

f:id:forqualitylife8:20190211001535j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211001626j:plain

 

立派な王宮、オペラ座、そしていつ見ても違和感があるピンクの兎、

f:id:forqualitylife8:20190210233632j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232234j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231847j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233556j:plain

 

昼から夜まで賑わうケルントナー通り、街角の上質なパフォマー、

f:id:forqualitylife8:20190210232511j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232536j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232800j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232819j:plain

 

通る度に惹かれる立派なシュテファン寺院、ここはエレベーターがあり、昼間塔に登ってウィーンを一望しました。

f:id:forqualitylife8:20190210233148j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233208j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233425j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233438j:plain

 

二、石畳みの路地で中世へタイムスリップ

この頃「ことりっぷ」という軽めのガイドブックが気に入っています。ウィーン・プラハ編ではある写真に惹かれていました。

ケルントナー通りにも近いナーグラーという小路の風景です。

f:id:forqualitylife8:20190210234342j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210234354j:plain

 

界隈でなかなか写真の場所が見つからなかった。通りかかったおしゃれな奇石ショップに入り、アフリカのマダカスカ産という綺麗なグリーン色の奇石を選び、この旅で初めてお土産を買い、梱包もとても丁寧でした。ガイドブックを見せたら親切な女性店員さんが場所まで案内してくれました。

f:id:forqualitylife8:20190210234555j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210234810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211092618j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211092628j:plain

 

これです!

f:id:forqualitylife8:20190210235104j:plain

 

路地の入口は狭くて分かりにくかったが、なかなかの雰囲気です。

f:id:forqualitylife8:20190210235328j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210235324j:plain

 

下り坂の先には小さな広場とレストランがあり、テラス席で夕食、

f:id:forqualitylife8:20190210235810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210235812j:plain


暖かい物がほしくて、リンゴ煮トッピングのレバーシチュー料理にしました。ご飯付きで結構美味しかったし、プチ中世体験も大満足でした。

f:id:forqualitylife8:20190211000007j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211000056j:plain

 

三、やはり宮殿も!シェーンブルン宮殿

f:id:forqualitylife8:20190211001942j:plain

 

ここはさすがに自分の娘をたくさんの王妃にしたマリー・アントワネットの母でもあるマリアテレジア様のお気に入り宮殿なので、庭園も壮観すぎて圧倒されました。

f:id:forqualitylife8:20190211002329j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211012016j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211012141j:plain

 

お天気にも恵まれ、旅先ではなければずっとこの素晴らしい庭園にいたかった。

f:id:forqualitylife8:20190211012100j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211003022j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211003240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211002820j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211002840j:plain

 

1000以上部屋(ちなみに当時全宮殿内バスルームが2ヶ所のみだそうで)は現在40室位しか見学できませんでした。

宮殿内は撮影不可で、売店で各部屋の写真の絵葉書が販売されています。

このPorcelain Roomが好きで、残念ながら葉書では繊細な絵とマイセン風の青色が出せなかったが……

f:id:forqualitylife8:20190211003528p:plain

 

四、美術史美術館

ウィーンは芸術の都で、数日だけでは見どころの選択が難しかったです。さらに今回は中継地として列車旅の往復で半日単位の観光時間しかなく、いっそう悩ましかったです。

美しい建築が好きで、ピルンクザール(国立図書館)と迷ったが、今回は結局建物自体も美しい美術史美術館一か所に絞りました。

f:id:forqualitylife8:20190211005304j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211005345j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211005347j:plain

 

建物自体もすでに贅沢な美術品、

f:id:forqualitylife8:20190211005643j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211010200j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211010530j:plain

 

階段ホールも天井いっぱいにある「ルネッサンス賛歌」というフレスコ画も圧巻的で、

f:id:forqualitylife8:20190211010348j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211010447j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211010424j:plain

 

豪華絢爛なクーポラの下にあるカフェは世界一美しいという賞賛にぴったりです。

f:id:forqualitylife8:20190211010921j:plain


館内の収蔵品は豊富で、特にブリューゲルの特別展があるように、彼の作品が多く、

名作「バベルの塔」は必見!

f:id:forqualitylife8:20190211011313j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211011328j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211011330j:plain

 

わずか数日だけでしたが、様々なウィーンの秋風景を楽しむことができて満足でした。次はプラハへ行きます。

f:id:forqualitylife8:20190211011739j:plain

 

 

気ままに行く欧州の旅⑧ 遠足で行く断崖絶壁の街ロンダと白い村

一、セビリアはアンダルシア観光にも便利な街

セビリアが好みにあっている街で、特に予定がなくても市街地で地元の結婚式を眺めたり、スペインとイスラム風が混合している建築を観たり、地元人に混ざっていろんなバルハシゴをしたりして、飽きることはありません。

f:id:forqualitylife8:20190209161640j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162029j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209161620j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209161556j:plain

 

よく治安のことはどうって聞かれたが、私が夜のスペイン広場や、プラド・デ・サン・セバスティアン公園の夜市などへ出かけたりして、10時頃の一人歩きでも特に危ないという感じはなかったが、もちろん大荷物を持ち歩かない、キョロキョロしない、見知らぬ人についていかない等、基本的な安全ルールを守らないといけませんが......

f:id:forqualitylife8:20190209162316j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162336j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162406j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162445j:plain

 

ちなみに、セビリアで有名なマエストランサ闘牛場への見学も日差しの強い昼間を避け、夜に行ってきました。

f:id:forqualitylife8:20190209163516j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163514j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163919j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163915j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163935j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163948j:plain

 

要塞都市のロンダやアンダルシア地区で有名な白い村への遠足もセビリアからはアクセスが便利です。レンタカーで行くなら好きなところへ好きなだけ滞在できるが、ロンダまでの山道はかなりwild(険しい)と聞き、ホテルで相談したら、やはり現地発の少人数ツアーを薦められました。


二、ロンダまでの道のりは美景が続く

セビリアの街を出て、しばらく走るとすぐ山の風景に変わった。

f:id:forqualitylife8:20190209165847j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209165903j:plain

 

休憩で立ち寄った田舎のレストラン、

f:id:forqualitylife8:20190209170207j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209170158j:plain

 

美しい山と湖を眺めるために昔のカトリック王国とムーア王国の国境にあるラス・アグサデラス城で写真ストップ。

f:id:forqualitylife8:20190209170853j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209170717j:plain

 

一つ目の白い村Zahara de la Sierra

f:id:forqualitylife8:20190209171522j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209172230j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209172142j:plain

 

日本からのツアーだと有名なミハスへ行くことは多く、実はアンダルシアのほとんどの村は白い壁で、Zaharaにも立派な展望台があり、地中海は見えないが、山一面に広がるオリーブ樹の景色もとても素晴らしい。

f:id:forqualitylife8:20190209172106j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209171619j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209171723j:plain

 

村の中心部はミハスほど観光客がないが、立ち並んでいる可愛いお土産屋さんがあり、教会前の広場でのんびりしたカフェタイムも心地よい。

f:id:forqualitylife8:20190209172700j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209173035j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209172828j:plain

 

白い家々の飾りが可愛らしくて、レストランのオーナーも素朴で親切。

f:id:forqualitylife8:20190209173117j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209173134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209173213j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209173230j:plain

 

古き良き時代からのオリーブオイル工房

ヨーロッパの現地ツアーではがゆったりしたものが多く、結構好きです。Zaharaは小さな村だが、ゆっくりカフェなどできる自由時間もあり、途中立ち寄った雰囲気のあるオリーブオイル工房など自力ではなかなか行けないだろうと思う。

f:id:forqualitylife8:20190209173851j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174355j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174006j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174311j:plain

 

伝統的なオリーブオイルの作り方も一通り拝見、

f:id:forqualitylife8:20190209173932j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174728j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174721j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174930j:plain

 

二つ目の白い村Sierra de Grazalemaは祭り中

f:id:forqualitylife8:20190209180907j:plain

 

途中から山道で結構渋滞があって、実はその日ちょうど村の年に一回の「馬飾り」の祭りが行われています。近隣村からやスペイン各地からの観光客も多く、小さな村はすごく賑わっている。

f:id:forqualitylife8:20190209175815j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180159j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180006j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209175855j:plain

 

普段はおそらく静かな村には観光客で溢れ、レストランはどこも超満員、慣れない店員さんはあ然なようで、

f:id:forqualitylife8:20190209180203j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180117j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180607j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180121j:plain


カラフル-に着飾っている馬と騎手の登場!

f:id:forqualitylife8:20190209180825j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209180832j:plain

 

すごい美少女の乗馬姿もなかなか、

f:id:forqualitylife8:20190209181100j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209181053j:plain

 

Grazalemaでの時間はとても素晴らしかったです。

f:id:forqualitylife8:20190209175342j:plain

 

三、ロンダだ!

Grazalemaから出たら渋滞もなくなり、しかし高い崖の上に建つ要塞都市のロンダへの山道は本当に険しかった!

f:id:forqualitylife8:20190209181737j:plain

 

ロンダに着いた!観光場所のロンダベランダ-という展望台とヌエボ橋まではバスセンターから徒歩20分ほどかかる。

f:id:forqualitylife8:20190209182231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182335j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182627j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182244j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182726j:plain

 

辿り着きました!ロンダベランダ-と呼ばれているマリア・アウクシリアードラ広場の展望台。

写真では分かりにくいが、突き出している手すりの先はもう断崖絶壁!近づくになれるまで少し時間がかかった!

f:id:forqualitylife8:20190209183241j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209183330j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182902j:plain


ヌエボ橋への眺めはまさに絶景!

f:id:forqualitylife8:20190209184646j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209184631j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209185008j:plain

 

移動しながら絶景鑑賞!

f:id:forqualitylife8:20190209184808j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209185247j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209190419j:plain

 

グアダレビン川の浸食によってできたタホ渓谷の二つの崖に立つ旧市街と新市街をつなぐヌエボ橋、

f:id:forqualitylife8:20190209185327j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209185539j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209185545j:plain

 

上から白い糸に見えたのは実はヘミングウェイの道という名の下る坂道。

f:id:forqualitylife8:20190209190755j:plain

 

結構すべりやすい下り坂で20分位降りたら、

f:id:forqualitylife8:20190209190557j:plain

 

さらに素晴らしい景色が目に前に広がった!

f:id:forqualitylife8:20190209191124j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209191215j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209192942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209192947j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209192718j:plain


登り坂がさらにきつく、崖沿いのカフェで一休み、

f:id:forqualitylife8:20190209193148j:plain


ロンダには結構素敵なレストランも多く、次回はやはり一泊し、夕日が照らした崖の姿を見てみたいね。

f:id:forqualitylife8:20190209193332j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209193335j:plain

 

時代の流れでスペイン国内での闘牛もどんどん衰退になっている現在、闘牛場の閉鎖も増え、ロンダの闘牛場はまた貴重な観光場所となっているが、セビリアですでに見学したので、ここでは残りの時間を小さな広場で過ごしました。

f:id:forqualitylife8:20190209194220j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209194259j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209193551j:plain

 

楽しかったセビリアからの遠足でした。

f:id:forqualitylife8:20190209194852j:plain

 

 

気ままに行く欧州の旅⑦  スペインの古都、コルドバの日帰り旅行

セビリアから電車で1時間若、そこはもうアンダルシアにあるスペインの古都、コルドバです。

ここは7~9世紀にオスマン帝国の勢力によってたくさんのアラビア風の建築が残されていたが、12世紀の半ばからキリスト教徒の奪回でまたユダヤ風の建築が加えられ、特に2大文化が混在されている千本近く柱のある「円柱の森」が有名なメスキータに魅せられています。

f:id:forqualitylife8:20190207155624j:plain

f:id:forqualitylife8:20190207155453j:plain

 

一、コルドバの街並みはエキゾチックで美しい

セビリアの街はのんびりとした雰囲気だが、駅と鉄道のセキュリティはかなり厳しい。

乗車まで何度か駅員によるチケット確認のほか、乗る直前にさらに荷物チェックのバリケードが導入されています。昨今日本の新幹線も事件が多くなり、そのうち同じようになるのでしょうか。

f:id:forqualitylife8:20190207160625j:plain

 

駅は近代的で、便利。

f:id:forqualitylife8:20190207160608j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207160727j:plain

 

コルドバに到着後、駅前からバスで世界遺産でもある町の歴史的街区へ移動、

f:id:forqualitylife8:20190207160926j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207160928j:plain

 

スペイン語のバス停があやふやで、とりあえず人の流れについて大きな公園で下車。

10分ほど歩くと、アルモドバル門が見えた。

中世的な雰囲気の城壁と横で流れている池がまるで絵葉書、

f:id:forqualitylife8:20190207162931j:plain

f:id:forqualitylife8:20190208091648j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208083443j:plain

 

コルドバはコンパクトな街で、門に入って細い路地を適当にぶらぶら、

f:id:forqualitylife8:20190208092134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092150j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163405j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163209j:plain

 

開店前の素敵なパティのあるレストランを発見。親切なお兄さんスタッフに了解をもらい、入って写真を撮り、

f:id:forqualitylife8:20190207163655j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163706j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163658j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163704j:plain

 

ホテルの美味しい朝食をいっぱい食べたが、まだまだ誘惑されそう、

f:id:forqualitylife8:20190208083912j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208083851j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208083933j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208084121j:plain

 

しばらく歩くと、ミナレットの尖塔が見えた。

f:id:forqualitylife8:20190207163407j:plain

  

オレンジの木がたくさん植えられているメスキータ前の中庭に到着。

f:id:forqualitylife8:20190207165204j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207164149j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207165313j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207165423j:plain

 

 二、憧れのメスキータ見学、ミナレット

メスキータ

入場券は2か所のブースで販売され、順調に入場。

f:id:forqualitylife8:20190207170940j:plain

f:id:forqualitylife8:20190207171237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207171157j:plain


7世紀のウマイヤ王朝が当初モスクとして作られていたが、その後キリスト教徒によってカテドラル(大聖堂)に改装され、さらに幾度かの拡張を重なり、現在の不思議な姿になりました。

現在約850本位に残っているアラビア風の柱と馬蹄型の二重アーチは圧巻!いろんな回廊建築を見てきたが、このような巨大なスケールと迷路のような独特な造りのところは初めてです。

f:id:forqualitylife8:20190207171942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172153j:plain


一方、中央にある祭壇はカトリック教会らしく煌びやかな雰囲気になっています。

f:id:forqualitylife8:20190207172946j:plain

f:id:forqualitylife8:20190207172830j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172849j:plain

 

ふたつの宗教と歴史の重みが濃縮されているメスキータは本当に不思議な魅力のある珍しい宗教建築です。

f:id:forqualitylife8:20190207173052j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207173057j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207165313j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207170940j:plain
ミナレット

メスキータに入る前、中庭の隣にあるミナレットの入場も予約しました。

f:id:forqualitylife8:20190207174001j:plain

 

ここはかなり狭い階段で塔の上に登らないといけないので、30分毎の入場に厳しい人数制限を設けています。

f:id:forqualitylife8:20190207174151j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174146j:plain

 

登る途中からの景色、壁側のオレンジ色のブースはチケット売り場。

f:id:forqualitylife8:20190207174253j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174322j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174744j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174910j:plain

 

かなり狭い石の階段。タフなスタッフたちが毎回見学者と一緒に階段を上り下りし、しっかり人数管理をしている。

f:id:forqualitylife8:20190207175114j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175042j:plain

 

 ミナレットの上ではメスキータの全貌とコルドバの街並みが一望でき、

f:id:forqualitylife8:20190208092744j:plain

f:id:forqualitylife8:20190208092822j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092713j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092935j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092449j:plain

 

アンダルシアに来てから毎日晴天が続き、青空とのコントラスが本当に綺麗。

f:id:forqualitylife8:20190207175716j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175705j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175602j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175622j:plain


三、花の小道とユダヤ人街とローマ橋

メスキータの中庭を出て、迷路のような観光名物の花の小道へ向かう、

f:id:forqualitylife8:20190208090124j:plain

 

文字通りの小道。欧米人の団体ツアーもたくさん来ていたので、みんな一列で進みながら写真を撮っている、

f:id:forqualitylife8:20190208090041j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090101j:plain

 

ユダヤ人街にはとても可愛いらしいアラビア風のパティオ付きの家が多く、道路に面している家はレストランに改装されたりして、特にパティオの装飾に凝っているようで、街散策はとても楽しい。

f:id:forqualitylife8:20190208093240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093312j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090433j:plain

 

ここのレストランはほぼ全部観光客向けのようで、客引きも熱心で、適当にメスキータ風のお店に入った。

f:id:forqualitylife8:20190208090241j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090303j:plain

 

ランチ時間には少し早いようで、客は数組。パティオ席はとても素敵だが、TAPAサイズのメニューが少なかった。

セビリアで毎日バル巡りで現地の物価感覚がある程度分かったので、ここでは軽くぼったくられた(笑)。場所が素敵だから、加算された10%のチップもおいてきました。

f:id:forqualitylife8:20190208090312j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090342j:plain

 

暫く歩くと、朝通りかかった素敵なレストランを見かけた。食べ直しに入ったら、ここはアタリでした。

気分もよくなり、ギターの弾き語りまで頼みました。

f:id:forqualitylife8:20190208093531j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093420j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093635j:plain

 

2回もランチをしたようで、食後プエンテ門方面へ歩き、

f:id:forqualitylife8:20190208090713j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090644j:plain

 

団体バスや観光客はこの門から入ることは多いが、

f:id:forqualitylife8:20190208090729j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090659j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091220j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093810j:plain

 

門を出て有名なローマ橋とカラオーラ塔が見えた。

f:id:forqualitylife8:20190208090910j:plain

f:id:forqualitylife8:20190208090820j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090812j:plain

 

10月半ばのアンダルシアはまだ暑く、強い日差しの下で15分ほど歩き、コルドバのアルカサルに着いた。

f:id:forqualitylife8:20190208091032j:plain

 

残念!その日はなんと臨時休業日でした。

f:id:forqualitylife8:20190208091022j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091122j:plain

 

実は当初コルドバで一泊をし、グラナダアルハンブラ宮へ行く予定だったが、ロシアで立て続け豪華な宮殿と広大な庭園、さらにセビリアのアルカサルでアラビア風の宮殿とまた広大な庭園を見て、わざわざグラナダへ行くより、セビリアでのんびりしようかと変更しました。

日帰りのコルドバで荷物も最小限にしたので、ここのアルカサルは今度の楽しみに残すことにしました。

f:id:forqualitylife8:20190208094003j:plain

 

気ままに行く欧州の旅⑥  セビリアの街歩きとGOTロケ地巡り

サンクトぺテルブルグからロンドンまではBAの直行便があり、ロンドンでイベリア航空を乗換、アンダルシアのセビリアまでの移動は案外便利でした。

f:id:forqualitylife8:20190202221226j:plain

 

ロシアの10月はすでに初冬らしく、特に天候多変なサンクトぺテルブルグでは滞在中ほぼ毎日雲の厚い天気が続き、セビリアに着いた瞬間、太陽が燦々と降り注いでいる町全体が金色に輝いているように見えました。

f:id:forqualitylife8:20190202221450j:plain

 

一、GOTのロケ地巡り

世界的な大ヒットドラマGOT(ゲーム・オブ・スローンズ)を見て、すっかりドラマ中の美しいロケ地に魅せられました。クロアチアドブロブニクで中世的な舞台を見て、今度は南国情調のロケ地のアンダルシアに来ました。

アルカサルReal Alcazar

ドラマの中ではエキゾチックな南の国ドーンのロケ地はここだったので、セビリアに着いてからまずお城へ直行します。沿道の街並みはすでに良い感じ、

f:id:forqualitylife8:20190202223225j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223235j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223258j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223211j:plain

 

オフシーズンの平日、お城の前はまさかの長列!しかも当日券が売り切れ?

f:id:forqualitylife8:20190202223111j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223828j:plain

 

少し探したら、スキップラインの割増ツアーを発見。25€で順調に入場、

f:id:forqualitylife8:20190202223512j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202224139j:plain


観たかった!このムデハル様式の「乙女の中庭」!

f:id:forqualitylife8:20190202225238j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202225113j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202225138j:plain

 

パティオにある池とそれを囲むような両サイトのエキゾチックな回廊が本当に美しくて、

f:id:forqualitylife8:20190202224536j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202224652j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202224709j:plain

 

ここは現存する“ムデハル様式”の傑作とも言われ、息を呑むほど繊細な格子細工も素敵で、ずっと眺めていたい.......

f:id:forqualitylife8:20190202224837j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202224849j:plain

 

宮殿はかなり広くて、ほかにも様々な大広間、ホールがあり、形だけのガイドにあまり期待はしていなかったが、その英語はあまりにも理解に苦しくて、結局たくさんのアーチ、透かし彫りのような彫刻の建具、タイル装飾の壁、床、贅を尽くされいる内部を一通り見て廻ってから、緑いっぱいのテラスから一人で動くことにしました。

f:id:forqualitylife8:20190202230911j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202231256j:plain

 

 

宮殿のもう一つの見どころでもあるファサードと狩猟の中庭をすぎ、

f:id:forqualitylife8:20190202231533j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202231525j:plain

 

さらに7つの庭で構成された巨大な庭園がありました。

f:id:forqualitylife8:20190202232451j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202232050j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232131j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232344j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232249j:plain


この庭園だけでも一日かかってゆっくり鑑賞したいな!

f:id:forqualitylife8:20190202232334j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202232845j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232903j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232645j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232936j:plain


アルカサルは1987年に世界遺産に登録されたが、ここですっかり満足になりました。

行く予定のアルハンブラ宮殿を取りやめることにしました。

f:id:forqualitylife8:20190202233551j:plain

 

二、スペイン広場


セビリアにある1929年のイベロ万博のパビリオンだったスペイン広場は文字通り世界一美しい広場と思います。

f:id:forqualitylife8:20190202234342j:plain

 

大好きな回廊建築がどんな角度からみても絵になる、

f:id:forqualitylife8:20190202234523j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202234830j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202234806j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202235021j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202234822j:plain


ここでかつてコロンブスが新大陸を発見し、スペインが栄華を極めた黄金時代を思い出し、

f:id:forqualitylife8:20190202235312j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001024j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202235253j:plain


アンダルシアの歴史と文化を感じ、

f:id:forqualitylife8:20190203001128j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001154j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203001336j:plain

 

夜になると広場の池にボートを漕ぐ優雅な市民の姿を眺め、

f:id:forqualitylife8:20190203001637j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001748j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203001911j:plain


いつかスペイン語を習うことがあれば、セビリアが第一候補でしょう。

f:id:forqualitylife8:20190203001826j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001808j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002005j:plain

 

三、街歩きとバル巡り

セビリアは太陽、青空、緑、お花、美食、歴史、建築......素敵な街歩きの要素が全部揃っているような楽しい街です。

今回は周辺の街へ電車で行く予定だったので、サンタ・フスタ駅付近のホテルにしたが、数日滞在するならやはり旧市街地にあるカテドラルやヒラルダ塔付近のエリアが便利です。

f:id:forqualitylife8:20190203002626j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203002410j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002406j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002849j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002721j:plain

 

朝、昼、晩、いつでも、どこでも絵になる。

f:id:forqualitylife8:20190203003238j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203003315j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002943j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003014j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003344j:plain

 

歴史的な建造物が多く、街歩きがとにかく楽しい、

f:id:forqualitylife8:20190203003630j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203003736j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003546j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003811j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004019j:plain

 

おしゃれなバルが至るところにあり、味もサービスもお値段も全部良し、

f:id:forqualitylife8:20190203004345j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004359j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004443j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004453j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004525j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004331j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004717j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004848j:plain

 

セビリアは人を幸せな気持ちになれる魔法のある街です!

f:id:forqualitylife8:20190203004237j:plain

気ままに行く欧州の旅⑤ エカテリーナ宮殿(Catherine Palace and Park)

琥珀の間」で有名な豪華なエカテリーナ宮殿はぺテルゴフから車で約1時間位のところにあります。

f:id:forqualitylife8:20190202004629j:plain

 

上品な街プーシキン

宮殿所在地のプーシキンという街は昔ながらの貴族や上流社会の方々が多く住み、街並み全体上品な匂いが漂っている。

 

ランチで立ち寄ったカフェも洗練された雰囲気で、

 

途中で見かけた地元の小学生集団が幼いながらも全員超エリート風で恰好いい。

 

宮殿入場

入場は複雑な予約制で、個人見学の場合はさらにだいぶ前から決められた時間枠の予約をしないといけないようです。

欧州の有名美術館ではスキップラインとか、現地ツアーとか、割増料金で即入場できることもよくあります。ここも結局運転手の知人に約10ドルの割増入場券を依頼したが、それでも約20分ほど列に並びました。

並びながら彫刻や装飾が盛りだくさん施された豪華な外壁をたっぷり鑑賞し、

 

絢爛豪華な大広間

この大広間では17世紀にエカテリーナ2世が伊勢商人の大黒屋光太夫を謁見したこともある有名な場所で、これでもかの金箔の彫刻や鏡の反射とシャンデリアの光で眩しい。

f:id:forqualitylife8:20190201232905j:plain

 

光の角度によって金色に輝いたり、

f:id:forqualitylife8:20190201233000j:plain

 

さらに広く見えたり、クラシックに見えたりして、

 

魅力的な大窓からの眺望も宮殿らしく素晴らしかったです。

f:id:forqualitylife8:20190201234603j:plain
f:id:forqualitylife8:20190201233501j:plain



宮殿博物館のような数々の室内

白基調に金の縁飾りで有名な皇帝一家のダイニング「白の主食堂」

f:id:forqualitylife8:20190201234507j:plain

 

大きな壁に全部で368枚もの肖像画がびっしり飾られている「肖像画の大部屋」は圧巻的。

f:id:forqualitylife8:20190129231154j:plain

 

ほかには様々なテーマ別の素敵な部屋があるが、

f:id:forqualitylife8:20190202171412j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202171422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202171430j:plain

 

ぺテルゴフで見惚れた陶器製の暖炉(ペチカ)はここにもあります。

f:id:forqualitylife8:20190129230521j:plain

 

煌びやかな豪華さとはまさにこのようなことでしょうか。

f:id:forqualitylife8:20190129231141j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129231627j:plain

 

暖炉に魅せられすぎたせいか、大事な「琥珀の間」の感動も薄れたようです。というか、館内ではロシア人のおばさんスタッフは至る所に縄で順路を作り、常に前へ前へと催促され、実はあまり落ち着いて鑑賞できませんでした。

特に「琥珀の間」では団体客で常に人がいっぱりでさらに立ち止まることは許されなかった。もっとも現在の姿は第二次世界大戦後の空爆で全滅されたのを復元した部屋です。

f:id:forqualitylife8:20190202000150j:plain


宮殿の素晴らしい庭園

エカテリーナ宮殿の場合は、水色と白や金色の装飾のある豪奢が宮殿があまりにも有名だが、実はさらに広大な美しい庭園も見ものです。

美しいフランス庭園と彫刻
f:id:forqualitylife8:20190202002251j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002225j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002449j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002725j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002647j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002400j:plain

 

巨大な池、池周辺のイギリスガーデン
f:id:forqualitylife8:20190202003137j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003206j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003025j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003032j:plain

 

小宮殿のグロット

ゆっくり庭園散策をすれば一日があっても足りない!

f:id:forqualitylife8:20190202004019j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003320j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003404j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202004201j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003835j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003705j:plain

 

エカテリーナ宮殿、やはりゴージャスでした!

f:id:forqualitylife8:20190202004655j:plain

f:id:forqualitylife8:20190201223403j:plain

 次は太陽がいっぱいなアンダルシアへ行きます。