一目瞭然!超初心者の陸マイナー生活

ワンワールドのFクラスで行く世界一周、陸マイルで世界もう一周を目指す

気ままに行く欧州の旅⑪ ザルツブルクとハルシュタットの美景を訪ねて

オーストリアにも風光明媚な湖水地区があります。

アルプス山脈からの清流で形成された透明度抜群の湖と魅力的な湖畔の町が点在しています。

特にドイツと国境界隈のハルシュタットは世界で最も美しい湖畔の町と言われ、今回はウィーンからザルツブルク経由で訪ねて行きました。

f:id:forqualitylife8:20190216173741j:plain


一、美しい湖畔の町ハルシュタット

ハルシュタットへはザルツブルグからの車が便利と思います。電車も走っているが、到着する駅は市街地の反対側の湖畔にあるので、オフシーズンなら湖を往復する定期便のボートはないため、不便です。

f:id:forqualitylife8:20190216181632j:plain

 

1時間半位のドライブの沿道には美しい森林があり、静かな湖水があり、息をのむような美景が続く、

f:id:forqualitylife8:20190216175147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216173523j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216174010j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216183531j:plain

 

雄大な自然と濃厚な中世の面影がある町並みのコントラスが見えました!

f:id:forqualitylife8:20190216212136j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181116j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216181033j:plain

 

深みのある碧色をした湖水、真っ青な空、空気までひときわ澄んだ気がする、

f:id:forqualitylife8:20190216180702j:plain

 

まるでおとぎ話に出てきたような家々、

f:id:forqualitylife8:20190216220633j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181542j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216181413j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216181438j:plain

 

ここはかつて塩鉱の町として栄え、現在も展望台と塩坑見学へのケーブルカーが運航されています。ここの展望台が崖から突き出したような作りで、「世界遺産の眺め」という看板を掲げています。

f:id:forqualitylife8:20190216182223j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182207j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182509j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216182535j:plain

 

運良く珍しい位の大晴天に恵まれ、高所からの眺望はまた素晴らしい、

f:id:forqualitylife8:20190216182755j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216183107j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216183146j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216183212j:plain

 

現地で聞いた話だが、なんと中国のシンセンにハルシュタットのまるごとコピーが作られたようです。現地で歩きながら思ったが、この町のいたるところに何百年に亘って刻まれていた歴史と文化の重厚感はきっとコピーできないでしょう。

f:id:forqualitylife8:20190216213058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213418j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213845j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213623j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213409j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213756j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216213827j:plain

 

山の斜面にへばりつくように建てた家々も魅力的だが、ここはなんと言ってもやはり湖畔の美景です!しかも光の変化によって、様々な魅惑的な表情を見せてくれました。

f:id:forqualitylife8:20190216214943j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216214815j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215058j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216215136j:plain


美景を巧みに取り入れた湖畔でのんびりする時間もとても贅沢に思えてしまった。

f:id:forqualitylife8:20190216215822j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215509j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216215737j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216215810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220300j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220244j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220534j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216220451j:plain


 ハルシュタットは本来ならとても静かな湖畔の小さな町ですが、現代の観光ブームで様々な観光項目が増え、狭い土地柄の独特の風習なのか、納骨堂でアートされた頭がい骨でさえも見物される観光客が多く.......

私が町を一周し、湖畔で時間の流れに任せてぼーと夕日を眺めていました。

f:id:forqualitylife8:20190216222050j:plain


二、ザルツブルグ、楽しみが盛りだくさん

ザルツブルクはこんなに楽しい街なのかを知ったのは到着してからのことです。旅程を組む時はただモーツァルトの故郷で、ウィーンからハルシュタットへ訪ねる中継場所と考えていました。ウィーンからは1時間半位の列車旅でした

1.モーツァルトの町

第一印象は街中どこでもモーツァルト!ホテルの部屋にもモーツァルトのチョコ(笑)

f:id:forqualitylife8:20190216233430j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233653j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223417j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223248j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223027j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216222949j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216223603j:plain

 

2.ゲトライデ通りのアイアン看板はすごい

ウィーンのナーグラー小路の中世的な雰囲気を体験したばかりで、旧市街のメインストリートのゲトライデ通りの鉄製アート看板に、ちょっと圧倒されました。うん、中世へのタイムスリップはやはり静かさも大事かなと思いました。

しかし、ここはまさにアイアン看板の見本市のようで、見ごたえはたっぷりあります。

f:id:forqualitylife8:20190216231524j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216224707j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224710j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216224739j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225144j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225255j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225326j:plain

 

メインストリートは朝から晩まで観光客で賑わっています。

f:id:forqualitylife8:20190217000741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001228j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001250j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217000950j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225043j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216225112j:plain


3.素敵な世界遺産の歴史地区は美しくて楽しい

街の中央に流れているザルツァッハ川の畔が長閑でありながらもおしゃれ、

f:id:forqualitylife8:20190216230144j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216230733j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216230736j:plain

 

徒歩で楽々渡る新市街と旧市街を繋がっているマカルト橋、

ここの橋も愛の鎖から逃れなくて......

f:id:forqualitylife8:20190216232429j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216232054j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216232051j:plain

 

両側には美しい景色が広がり、

f:id:forqualitylife8:20190216231852j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216231841j:plain

 

川の左側は旧市街であり、ここにはモーツァルトの生家もあり、美しい中世的な街並みが世界遺産でもあります。

f:id:forqualitylife8:20190216231008j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216232627j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231326j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231301j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231315j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216231222j:plain


週末のマーケットはまるで祭り、

f:id:forqualitylife8:20190216232953j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216232942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233051j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233107j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233133j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216233146j:plain


3.映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地

ザルツブルグモーツァルトゆかりのスポットのほか、もう一つ来訪者が殺到するスポットがあります。かつての館と庭園を改装したミラベル宮殿です。

ここの庭園も広大な公園になっており、映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケにたくさん使われていました。

f:id:forqualitylife8:20190216234638j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216235246j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235258j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235253j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235433j:plain

 

この庭園をゆっくり鑑賞しようと思って、ホテルから庭まで直結してあるザルツブルクシェラトンに泊まったが、8時前庭園に入ると、すでに韓国の団体さんがいっぱい!しかもみなさん舞台セットのような衣装、小道具で大がかりな撮影を行われ、完全にペースが乱れ、あとでみたらまともに撮れた庭園の写真はほとんどありませんでした。

f:id:forqualitylife8:20190216235206j:plain

f:id:forqualitylife8:20190216235051j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235030j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235123j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216235107j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234934j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234944j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217000601j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234750j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234807j:plain
f:id:forqualitylife8:20190216234718j:plain


4.快適で便利なザルツブルクシェラトンホテル

ホテルは新市街地にあるが、中央駅から徒歩10分若で、なによりロビーのこのドアからミラベル宮殿の庭園に直結しています。

f:id:forqualitylife8:20190217001546j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217001803j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217001810j:plain

 

ホテル自体は結構年数が経っているようで、普通のツインだが、清掃が行き届き、アットホームな雰囲気。

f:id:forqualitylife8:20190217002147j:plain

 

団体客は多く、朝食の時はちゃんとSPGの専用席があり、浴室にタオルヒーターがあります。

f:id:forqualitylife8:20190217002311j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217002319j:plain

 

サービスはとても丁寧で、特にロビーのピアノ弾きが大変お上手な方で、2泊で結局毎晩ホテルでピアノを聞きながら食事をしました。

f:id:forqualitylife8:20190217002611j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217002747j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217002801j:plain

 

五、ホーエンザルツブルグ城、今回の嬉しいサプライズ!

f:id:forqualitylife8:20190216232419j:plain

 

メンヒスベルクという丘の上に聳え立つこの要塞のようなお城は、15世紀で完成された後、焼き討ちに免れ、攻撃にも陥ったことはなく、現在でもヨーロッパ最大規模を誇る要塞だそうです。

f:id:forqualitylife8:20190217004128j:plain

 

ケーブルカーで登って、さらに階段を登って、ようやくお城です。

f:id:forqualitylife8:20190217004523j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217004533j:plain

 

登ったところには大きな広場があり、現在は展望カフェになっている。

f:id:forqualitylife8:20190217005020j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217004904j:plain

 

城内はかなり広く、鐘楼、薬草塔、鋳物の塔、刑務所、武器庫、貯蔵庫等が作られてある。

f:id:forqualitylife8:20190217005219j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005209j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005807j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005642j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005232j:plain

 

城中はまるで一つの町。ゴシック風な作りもあり、

f:id:forqualitylife8:20190217005425j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005339j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217005448j:plain

 

立派な教会

f:id:forqualitylife8:20190217010031j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217010043j:plain
f:id:forqualitylife8:20190217010322j:plain

 

もちろん、高台にあるお城からの眺望は素晴らしくて、ザルツブルグの街並みを一望する絶好な場所です。

f:id:forqualitylife8:20190217010855j:plain

f:id:forqualitylife8:20190217010912j:plain

 

次はブダベストです。秋のヨーロッパの長旅もそろそろ終わります。

気ままに行く欧州の旅⑩ 街全体が美術館のような美しいプラハ

プラハの美しさを形容する美称は実にたくさんあります。

「建築博物館」、「黄金の都」、「百塔の街」、「宝石の都市」.......プラハのような美しすぎる街は本来ならそこだけで1,2週間ゆっくり滞在できる旅スタイルが理想ですが、思うようにいかないのはまた残念な世の常でしょうね。

f:id:forqualitylife8:20190211095716j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211095906j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102420j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081110j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091617j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102935j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104407j:plain

 

いまだに日本からの直行便はないようで、欧州内での列車移動が快適で便利です。

ウィーンからプラハまではレイルジェットで約3時間半位です。

ちなみにチェコ発ウィーン行きの列車だと、社内食堂は美味しくて安いです。1等だと席までフルサービスも可能なので、一人旅にはありがたいです。

f:id:forqualitylife8:20190211100952j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211101010j:plain

 

車窓から素敵な欧州田園風景を眺めながら、もうブラハです。

f:id:forqualitylife8:20190211102036j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102039j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102102j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211102040j:plain

 

一、建築宝庫のプラハでカフェ巡りと街歩き

カフェ巡り

プラハの街並みは11~18世紀に亘って幾度もの戦火から逃れ、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスバロック、さらにアールヌーヴォ様式等、様々な時代の建築物がまるで博覧会のように混在され、多彩で美しい建物の一部を利用したカフェ巡りも楽しいです。

f:id:forqualitylife8:20190211102726j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211104006j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104614j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104112j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104155j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104915j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104300j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104610j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211104031j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105702j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105646j:plain

 

建物の隙間を巧みに利用し、遊び心満載のところもあり、一人でやっと通れるような入口に信号機があり、

f:id:forqualitylife8:20190211105859j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215083458j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105840j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211105943j:plain

 

一列に並んで狭い階段を降りたら、案外広いテラスのあるシックなカフェレストラン、

f:id:forqualitylife8:20190211110140j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211110157j:plain

 

街歩き

建築の博物館のような旧市街で街歩き、f:id:forqualitylife8:20190212083701j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212084617j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212084303j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212084219j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212084015j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081505j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081342j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081427j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081323j:plain

 

大きな工事現場もちょっとしたテーマパークのような仕掛けを作り、

f:id:forqualitylife8:20190212081731j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081734j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081643j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081632j:plain


様々な年代の建築にある華麗な装飾はまるで芸術品、

f:id:forqualitylife8:20190212082738j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082637j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082556j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212083943j:plain


長い歴史で蓄積されてきたセンスの良いアートが至るところにあり、

f:id:forqualitylife8:20190212083005j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212081913j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212083118j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212083254j:plain


パリの街角?って一瞬錯覚するような高級ブランド街、

f:id:forqualitylife8:20190212082842j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082912j:plain


マーケットだって、こんなにお洒落、

f:id:forqualitylife8:20190212082115j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082226j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082315j:plain

 

ここだけで半日位ぶらぶらしていたいな、

f:id:forqualitylife8:20190212082426j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212082422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215085325j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215085328j:plain


リバークルーズ 

悠然と街を縦断するように流れているモルダウ川からの眺めはまた格別、

f:id:forqualitylife8:20190212085804j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212090337j:plain

 

ここにもアートがあり、

f:id:forqualitylife8:20190212090130j:plain

 

情調溢れる旧市街と華やかな新市街が不思議に融合している美しい街並みを眺めながら、スメタナの「わが祖国」のメロディが自然と浮かぶ、

f:id:forqualitylife8:20190212090237j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212090449j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212090504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085943j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085745j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091920j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091954j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085035j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085218j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212085439j:plain
f:id:forqualitylife8:20190212091223j:plain

 

二、必見!プラハ

フラチャヌィという丘の上に聳えたつブラハ城の秋は格別に素敵です。

ここはギネスで認定された世界で最も大きなお城の一つであり、特にゴシック風の聖ヴィート教会は中欧たくさんの聖堂のお手本とも言われています。

美しいトラムで到着。お見事な黄葉に出会った!

f:id:forqualitylife8:20190215091331j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215091226j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091310j:plain


中心部へ向かう、

f:id:forqualitylife8:20190215091625j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091550j:plain

 

巨大すぎて、広角レンズがないと全体が収まりきれない程壮観な聖ヴィート教会、

f:id:forqualitylife8:20190215091707j:plain

 

様々な角度から眺め、美術館のパティオのベンチに寝そべて見上げる尖塔がいっそう迫力が感じる。

f:id:forqualitylife8:20190215091855j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091906j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092224j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215091957j:plain


内部も美しい。

f:id:forqualitylife8:20190215092303j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092317j:plain

 

格好いい衛兵の交代パフォーマンスも素敵で、

f:id:forqualitylife8:20190215092709j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092732j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092825j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215092810j:plain

 

カフェでチェコ風アップルパイをいただきながら、違う角度からもお城鑑賞。

f:id:forqualitylife8:20190215093155j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215093237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093210j:plain

 

いろんな欧州の古城を見てきたが、プラハ城は特別にロマンチックで魅力的!売店でかわいい絵本を購入しました。

f:id:forqualitylife8:20190215092518j:plain

 

帰り道は美しいオレンジ色の屋根と石畳みの絶景を楽しみながら、石階段で降りた。

f:id:forqualitylife8:20190215093524j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215093608j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093620j:plain

 

長い下り道だが、沿道にレモネード売りのスタンドや占いなどがあり、

f:id:forqualitylife8:20190215093658j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093703j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093721j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093725j:plain


降りたところは素敵な庭園があります

f:id:forqualitylife8:20190215094110j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093958j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215093924j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215094133j:plain

 

ジンジャークッキーの売店を冷やかし、

f:id:forqualitylife8:20190215094338j:plain

 

いつも賑わっている有名なカレル橋を渡って、旧市街に戻りました。

f:id:forqualitylife8:20190215094518j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215094700j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215094628j:plain

 

三、プラハでの異文化体験

チェコEUに加盟したが、いまだにユーロではなく、独自の通貨が使用されいるためか、とにかく街角には両替の看板が異様に多いです。

f:id:forqualitylife8:20190215095424j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095423j:plain

 

噂のビアSPA

行ってみました。

旧市街の中心部にあるお店ですが、写真映りや話題性にはよいかもしれないが、たしかにビールは飲み放題ですが、SPAと言っても、まったく落ち着かないビール風呂の場所でした。

f:id:forqualitylife8:20190215095942j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215095830j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095847j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095912j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215095902j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100228j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100103j:plain


さらに衝撃を受けたのはプラハの白鳥たちです!

数に圧倒された!

f:id:forqualitylife8:20190215100429j:plain

 

逞しさに圧倒された!

f:id:forqualitylife8:20190215100622j:plain

f:id:forqualitylife8:20190215100557j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100724j:plain

 

季節柄か、自分の中の「白鳥の湖」が新たな一章が加えられたような体験でした。

f:id:forqualitylife8:20190215100955j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215101012j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100925j:plain
f:id:forqualitylife8:20190215100941j:plain

 

とは言い、プラハの魅力はやはり無敵です。今度の春の欧州旅もまた少し寄ることにしました。

f:id:forqualitylife8:20190212091841j:plain

f:id:forqualitylife8:20190212090155j:plain

 

次はオーストリアの湖畔にある美しい街へ行きます。

気ままに行く欧州の旅⑨ ウィーン!東欧への中継地

本来は10月のウィーン、ブラハ、ブダベストなどの秋景色を観に行きたいと思っていたが、旅程を組んでいるうちに、どんどん行きたくなる場所が増えました。

結局ウィーンを東欧方面のベースにし、そこから鉄道でプラハ、ブダベスト、さらにオーストリア湖水地方ザルツブルクハルシュタットへ行く旅程になったが、中継地のウィーンでは行き来で合計4泊をしました。

f:id:forqualitylife8:20190210230428j:plain

一、一筆書きで見るウィーンの秋景色

セビリアからウィーンまではイベリア航空オーストリア航空の乗り継ぎで、どっちも欧州内の短距離ビジネスクラスは簡単な機内食があるだけで、席はエコノミーと変わりませんでした。(真ん中の席がブロックされた位)

f:id:forqualitylife8:20190210231135j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231037j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231025j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231027j:plain

 

ウィーンの美しい街並みは秋の黄葉にも映える。まずはモーツァルト像にご挨拶、

f:id:forqualitylife8:20190210231442j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231447j:plain

 

 カフェで一杯、

f:id:forqualitylife8:20190210232031j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232101j:plain

 

アジアフードも恋しくなり、お上品な「日本橋」も向かい側の庶民中華も行き、

f:id:forqualitylife8:20190211000356j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211000357j:plain

 

スーパーにあるフレッシュオレンジジュースも、街角のベーカリーも楽しくて、

f:id:forqualitylife8:20190211001535j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211001626j:plain

 

立派な王宮、オペラ座、そしていつ見ても違和感があるピンクの兎、

f:id:forqualitylife8:20190210233632j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232234j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210231847j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233556j:plain

 

昼から夜まで賑わうケルントナー通り、街角の上質なパフォマー、

f:id:forqualitylife8:20190210232511j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232536j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232800j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210232819j:plain

 

通る度に惹かれる立派なシュテファン寺院、ここはエレベーターがあり、昼間塔に登ってウィーンを一望しました。

f:id:forqualitylife8:20190210233148j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233208j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233425j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210233438j:plain

 

二、石畳みの路地で中世へタイムスリップ

この頃「ことりっぷ」という軽めのガイドブックが気に入っています。ウィーン・プラハ編ではある写真に惹かれていました。

ケルントナー通りにも近いナーグラーという小路の風景です。

f:id:forqualitylife8:20190210234342j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210234354j:plain

 

界隈でなかなか写真の場所が見つからなかった。通りかかったおしゃれな奇石ショップに入り、アフリカのマダカスカ産という綺麗なグリーン色の奇石を選び、この旅で初めてお土産を買い、梱包もとても丁寧でした。ガイドブックを見せたら親切な女性店員さんが場所まで案内してくれました。

f:id:forqualitylife8:20190210234555j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210234810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211092618j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211092628j:plain

 

これです!

f:id:forqualitylife8:20190210235104j:plain

 

路地の入口は狭くて分かりにくかったが、なかなかの雰囲気です。

f:id:forqualitylife8:20190210235328j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210235324j:plain

 

下り坂の先には小さな広場とレストランがあり、テラス席で夕食、

f:id:forqualitylife8:20190210235810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190210235812j:plain


暖かい物がほしくて、リンゴ煮トッピングのレバーシチュー料理にしました。ご飯付きで結構美味しかったし、プチ中世体験も大満足でした。

f:id:forqualitylife8:20190211000007j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211000056j:plain

 

三、やはり宮殿も!シェーンブルン宮殿

f:id:forqualitylife8:20190211001942j:plain

 

ここはさすがに自分の娘をたくさんの王妃にしたマリー・アントワネットの母でもあるマリアテレジア様のお気に入り宮殿なので、庭園も壮観すぎて圧倒されました。

f:id:forqualitylife8:20190211002329j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211012016j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211012141j:plain

 

お天気にも恵まれ、旅先ではなければずっとこの素晴らしい庭園にいたかった。

f:id:forqualitylife8:20190211012100j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211003022j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211003240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211002820j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211002840j:plain

 

1000以上部屋(ちなみに当時全宮殿内バスルームが2ヶ所のみだそうで)は現在40室位しか見学できませんでした。

宮殿内は撮影不可で、売店で各部屋の写真の絵葉書が販売されています。

このPorcelain Roomが好きで、残念ながら葉書では繊細な絵とマイセン風の青色が出せなかったが……

f:id:forqualitylife8:20190211003528p:plain

 

四、美術史美術館

ウィーンは芸術の都で、数日だけでは見どころの選択が難しかったです。さらに今回は中継地として列車旅の往復で半日単位の観光時間しかなく、いっそう悩ましかったです。

美しい建築が好きで、ピルンクザール(国立図書館)と迷ったが、今回は結局建物自体も美しい美術史美術館一か所に絞りました。

f:id:forqualitylife8:20190211005304j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211005345j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211005347j:plain

 

建物自体もすでに贅沢な美術品、

f:id:forqualitylife8:20190211005643j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211010200j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211010530j:plain

 

階段ホールも天井いっぱいにある「ルネッサンス賛歌」というフレスコ画も圧巻的で、

f:id:forqualitylife8:20190211010348j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211010447j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211010424j:plain

 

豪華絢爛なクーポラの下にあるカフェは世界一美しいという賞賛にぴったりです。

f:id:forqualitylife8:20190211010921j:plain


館内の収蔵品は豊富で、特にブリューゲルの特別展があるように、彼の作品が多く、

名作「バベルの塔」は必見!

f:id:forqualitylife8:20190211011313j:plain

f:id:forqualitylife8:20190211011328j:plain
f:id:forqualitylife8:20190211011330j:plain

 

わずか数日だけでしたが、様々なウィーンの秋風景を楽しむことができて満足でした。次はプラハへ行きます。

f:id:forqualitylife8:20190211011739j:plain

 

 

気ままに行く欧州の旅⑧ 遠足で行く断崖絶壁の街ロンダと白い村

一、セビリアはアンダルシア観光にも便利な街

セビリアが好みにあっている街で、特に予定がなくても市街地で地元の結婚式を眺めたり、スペインとイスラム風が混合している建築を観たり、地元人に混ざっていろんなバルハシゴをしたりして、飽きることはありません。

f:id:forqualitylife8:20190209161640j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162029j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209161620j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209161556j:plain

 

よく治安のことはどうって聞かれたが、私が夜のスペイン広場や、プラド・デ・サン・セバスティアン公園の夜市などへ出かけたりして、10時頃の一人歩きでも特に危ないという感じはなかったが、もちろん大荷物を持ち歩かない、キョロキョロしない、見知らぬ人についていかない等、基本的な安全ルールを守らないといけませんが......

f:id:forqualitylife8:20190209162316j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162336j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162406j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209162445j:plain

 

ちなみに、セビリアで有名なマエストランサ闘牛場への見学も日差しの強い昼間を避け、夜に行ってきました。

f:id:forqualitylife8:20190209163516j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163514j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163919j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163915j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163935j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209163948j:plain

 

要塞都市のロンダやアンダルシア地区で有名な白い村への遠足もセビリアからはアクセスが便利です。レンタカーで行くなら好きなところへ好きなだけ滞在できるが、ロンダまでの山道はかなりwild(険しい)と聞き、ホテルで相談したら、やはり現地発の少人数ツアーを薦められました。


二、ロンダまでの道のりは美景が続く

セビリアの街を出て、しばらく走るとすぐ山の風景に変わった。

f:id:forqualitylife8:20190209165847j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209165903j:plain

 

休憩で立ち寄った田舎のレストラン、

f:id:forqualitylife8:20190209170207j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209170158j:plain

 

美しい山と湖を眺めるために昔のカトリック王国とムーア王国の国境にあるラス・アグサデラス城で写真ストップ。

f:id:forqualitylife8:20190209170853j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209170717j:plain

 

一つ目の白い村Zahara de la Sierra

f:id:forqualitylife8:20190209171522j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209172230j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209172142j:plain

 

日本からのツアーだと有名なミハスへ行くことは多く、実はアンダルシアのほとんどの村は白い壁で、Zaharaにも立派な展望台があり、地中海は見えないが、山一面に広がるオリーブ樹の景色もとても素晴らしい。

f:id:forqualitylife8:20190209172106j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209171619j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209171723j:plain

 

村の中心部はミハスほど観光客がないが、立ち並んでいる可愛いお土産屋さんがあり、教会前の広場でのんびりしたカフェタイムも心地よい。

f:id:forqualitylife8:20190209172700j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209173035j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209172828j:plain

 

白い家々の飾りが可愛らしくて、レストランのオーナーも素朴で親切。

f:id:forqualitylife8:20190209173117j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209173134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209173213j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209173230j:plain

 

古き良き時代からのオリーブオイル工房

ヨーロッパの現地ツアーではがゆったりしたものが多く、結構好きです。Zaharaは小さな村だが、ゆっくりカフェなどできる自由時間もあり、途中立ち寄った雰囲気のあるオリーブオイル工房など自力ではなかなか行けないだろうと思う。

f:id:forqualitylife8:20190209173851j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174355j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174006j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174311j:plain

 

伝統的なオリーブオイルの作り方も一通り拝見、

f:id:forqualitylife8:20190209173932j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174728j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174721j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209174930j:plain

 

二つ目の白い村Sierra de Grazalemaは祭り中

f:id:forqualitylife8:20190209180907j:plain

 

途中から山道で結構渋滞があって、実はその日ちょうど村の年に一回の「馬飾り」の祭りが行われています。近隣村からやスペイン各地からの観光客も多く、小さな村はすごく賑わっている。

f:id:forqualitylife8:20190209175815j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180159j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180006j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209175855j:plain

 

普段はおそらく静かな村には観光客で溢れ、レストランはどこも超満員、慣れない店員さんはあ然なようで、

f:id:forqualitylife8:20190209180203j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180117j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180607j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209180121j:plain


カラフル-に着飾っている馬と騎手の登場!

f:id:forqualitylife8:20190209180825j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209180832j:plain

 

すごい美少女の乗馬姿もなかなか、

f:id:forqualitylife8:20190209181100j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209181053j:plain

 

Grazalemaでの時間はとても素晴らしかったです。

f:id:forqualitylife8:20190209175342j:plain

 

三、ロンダだ!

Grazalemaから出たら渋滞もなくなり、しかし高い崖の上に建つ要塞都市のロンダへの山道は本当に険しかった!

f:id:forqualitylife8:20190209181737j:plain

 

ロンダに着いた!観光場所のロンダベランダ-という展望台とヌエボ橋まではバスセンターから徒歩20分ほどかかる。

f:id:forqualitylife8:20190209182231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182335j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182627j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182244j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182726j:plain

 

辿り着きました!ロンダベランダ-と呼ばれているマリア・アウクシリアードラ広場の展望台。

写真では分かりにくいが、突き出している手すりの先はもう断崖絶壁!近づくになれるまで少し時間がかかった!

f:id:forqualitylife8:20190209183241j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209183330j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209182902j:plain


ヌエボ橋への眺めはまさに絶景!

f:id:forqualitylife8:20190209184646j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209184631j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209185008j:plain

 

移動しながら絶景鑑賞!

f:id:forqualitylife8:20190209184808j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209185247j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209190419j:plain

 

グアダレビン川の浸食によってできたタホ渓谷の二つの崖に立つ旧市街と新市街をつなぐヌエボ橋、

f:id:forqualitylife8:20190209185327j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209185539j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209185545j:plain

 

上から白い糸に見えたのは実はヘミングウェイの道という名の下る坂道。

f:id:forqualitylife8:20190209190755j:plain

 

結構すべりやすい下り坂で20分位降りたら、

f:id:forqualitylife8:20190209190557j:plain

 

さらに素晴らしい景色が目に前に広がった!

f:id:forqualitylife8:20190209191124j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209191215j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209192942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209192947j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209192718j:plain


登り坂がさらにきつく、崖沿いのカフェで一休み、

f:id:forqualitylife8:20190209193148j:plain


ロンダには結構素敵なレストランも多く、次回はやはり一泊し、夕日が照らした崖の姿を見てみたいね。

f:id:forqualitylife8:20190209193332j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209193335j:plain

 

時代の流れでスペイン国内での闘牛もどんどん衰退になっている現在、闘牛場の閉鎖も増え、ロンダの闘牛場はまた貴重な観光場所となっているが、セビリアですでに見学したので、ここでは残りの時間を小さな広場で過ごしました。

f:id:forqualitylife8:20190209194220j:plain

f:id:forqualitylife8:20190209194259j:plain
f:id:forqualitylife8:20190209193551j:plain

 

楽しかったセビリアからの遠足でした。

f:id:forqualitylife8:20190209194852j:plain

 

 

気ままに行く欧州の旅⑦  スペインの古都、コルドバの日帰り旅行

セビリアから電車で1時間若、そこはもうアンダルシアにあるスペインの古都、コルドバです。

ここは7~9世紀にオスマン帝国の勢力によってたくさんのアラビア風の建築が残されていたが、12世紀の半ばからキリスト教徒の奪回でまたユダヤ風の建築が加えられ、特に2大文化が混在されている千本近く柱のある「円柱の森」が有名なメスキータに魅せられています。

f:id:forqualitylife8:20190207155624j:plain

f:id:forqualitylife8:20190207155453j:plain

 

一、コルドバの街並みはエキゾチックで美しい

セビリアの街はのんびりとした雰囲気だが、駅と鉄道のセキュリティはかなり厳しい。

乗車まで何度か駅員によるチケット確認のほか、乗る直前にさらに荷物チェックのバリケードが導入されています。昨今日本の新幹線も事件が多くなり、そのうち同じようになるのでしょうか。

f:id:forqualitylife8:20190207160625j:plain

 

駅は近代的で、便利。

f:id:forqualitylife8:20190207160608j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207160727j:plain

 

コルドバに到着後、駅前からバスで世界遺産でもある町の歴史的街区へ移動、

f:id:forqualitylife8:20190207160926j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207160928j:plain

 

スペイン語のバス停があやふやで、とりあえず人の流れについて大きな公園で下車。

10分ほど歩くと、アルモドバル門が見えた。

中世的な雰囲気の城壁と横で流れている池がまるで絵葉書、

f:id:forqualitylife8:20190207162931j:plain

f:id:forqualitylife8:20190208091648j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091741j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091810j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208083443j:plain

 

コルドバはコンパクトな街で、門に入って細い路地を適当にぶらぶら、

f:id:forqualitylife8:20190208092134j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092150j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163405j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163209j:plain

 

開店前の素敵なパティのあるレストランを発見。親切なお兄さんスタッフに了解をもらい、入って写真を撮り、

f:id:forqualitylife8:20190207163655j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163706j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163658j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207163704j:plain

 

ホテルの美味しい朝食をいっぱい食べたが、まだまだ誘惑されそう、

f:id:forqualitylife8:20190208083912j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208083851j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208083933j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208084121j:plain

 

しばらく歩くと、ミナレットの尖塔が見えた。

f:id:forqualitylife8:20190207163407j:plain

  

オレンジの木がたくさん植えられているメスキータ前の中庭に到着。

f:id:forqualitylife8:20190207165204j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207164149j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207165313j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207165423j:plain

 

 二、憧れのメスキータ見学、ミナレット

メスキータ

入場券は2か所のブースで販売され、順調に入場。

f:id:forqualitylife8:20190207170940j:plain

f:id:forqualitylife8:20190207171237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207171157j:plain


7世紀のウマイヤ王朝が当初モスクとして作られていたが、その後キリスト教徒によってカテドラル(大聖堂)に改装され、さらに幾度かの拡張を重なり、現在の不思議な姿になりました。

現在約850本位に残っているアラビア風の柱と馬蹄型の二重アーチは圧巻!いろんな回廊建築を見てきたが、このような巨大なスケールと迷路のような独特な造りのところは初めてです。

f:id:forqualitylife8:20190207171942j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172147j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172323j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172153j:plain


一方、中央にある祭壇はカトリック教会らしく煌びやかな雰囲気になっています。

f:id:forqualitylife8:20190207172946j:plain

f:id:forqualitylife8:20190207172830j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207172849j:plain

 

ふたつの宗教と歴史の重みが濃縮されているメスキータは本当に不思議な魅力のある珍しい宗教建築です。

f:id:forqualitylife8:20190207173052j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207173057j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207165313j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207170940j:plain
ミナレット

メスキータに入る前、中庭の隣にあるミナレットの入場も予約しました。

f:id:forqualitylife8:20190207174001j:plain

 

ここはかなり狭い階段で塔の上に登らないといけないので、30分毎の入場に厳しい人数制限を設けています。

f:id:forqualitylife8:20190207174151j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174146j:plain

 

登る途中からの景色、壁側のオレンジ色のブースはチケット売り場。

f:id:forqualitylife8:20190207174253j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174322j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174744j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207174910j:plain

 

かなり狭い石の階段。タフなスタッフたちが毎回見学者と一緒に階段を上り下りし、しっかり人数管理をしている。

f:id:forqualitylife8:20190207175114j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175042j:plain

 

 ミナレットの上ではメスキータの全貌とコルドバの街並みが一望でき、

f:id:forqualitylife8:20190208092744j:plain

f:id:forqualitylife8:20190208092822j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092713j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092935j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208092449j:plain

 

アンダルシアに来てから毎日晴天が続き、青空とのコントラスが本当に綺麗。

f:id:forqualitylife8:20190207175716j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175705j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175602j:plain
f:id:forqualitylife8:20190207175622j:plain


三、花の小道とユダヤ人街とローマ橋

メスキータの中庭を出て、迷路のような観光名物の花の小道へ向かう、

f:id:forqualitylife8:20190208090124j:plain

 

文字通りの小道。欧米人の団体ツアーもたくさん来ていたので、みんな一列で進みながら写真を撮っている、

f:id:forqualitylife8:20190208090041j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090101j:plain

 

ユダヤ人街にはとても可愛いらしいアラビア風のパティオ付きの家が多く、道路に面している家はレストランに改装されたりして、特にパティオの装飾に凝っているようで、街散策はとても楽しい。

f:id:forqualitylife8:20190208093240j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093237j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093312j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090433j:plain

 

ここのレストランはほぼ全部観光客向けのようで、客引きも熱心で、適当にメスキータ風のお店に入った。

f:id:forqualitylife8:20190208090241j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090303j:plain

 

ランチ時間には少し早いようで、客は数組。パティオ席はとても素敵だが、TAPAサイズのメニューが少なかった。

セビリアで毎日バル巡りで現地の物価感覚がある程度分かったので、ここでは軽くぼったくられた(笑)。場所が素敵だから、加算された10%のチップもおいてきました。

f:id:forqualitylife8:20190208090312j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090342j:plain

 

暫く歩くと、朝通りかかった素敵なレストランを見かけた。食べ直しに入ったら、ここはアタリでした。

気分もよくなり、ギターの弾き語りまで頼みました。

f:id:forqualitylife8:20190208093531j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093420j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093504j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093635j:plain

 

2回もランチをしたようで、食後プエンテ門方面へ歩き、

f:id:forqualitylife8:20190208090713j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090644j:plain

 

団体バスや観光客はこの門から入ることは多いが、

f:id:forqualitylife8:20190208090729j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090659j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091220j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208093810j:plain

 

門を出て有名なローマ橋とカラオーラ塔が見えた。

f:id:forqualitylife8:20190208090910j:plain

f:id:forqualitylife8:20190208090820j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208090812j:plain

 

10月半ばのアンダルシアはまだ暑く、強い日差しの下で15分ほど歩き、コルドバのアルカサルに着いた。

f:id:forqualitylife8:20190208091032j:plain

 

残念!その日はなんと臨時休業日でした。

f:id:forqualitylife8:20190208091022j:plain
f:id:forqualitylife8:20190208091122j:plain

 

実は当初コルドバで一泊をし、グラナダアルハンブラ宮へ行く予定だったが、ロシアで立て続け豪華な宮殿と広大な庭園、さらにセビリアのアルカサルでアラビア風の宮殿とまた広大な庭園を見て、わざわざグラナダへ行くより、セビリアでのんびりしようかと変更しました。

日帰りのコルドバで荷物も最小限にしたので、ここのアルカサルは今度の楽しみに残すことにしました。

f:id:forqualitylife8:20190208094003j:plain

 

気ままに行く欧州の旅⑥  セビリアの街歩きとGOTロケ地巡り

サンクトぺテルブルグからロンドンまではBAの直行便があり、ロンドンでイベリア航空を乗換、アンダルシアのセビリアまでの移動は案外便利でした。

f:id:forqualitylife8:20190202221226j:plain

 

ロシアの10月はすでに初冬らしく、特に天候多変なサンクトぺテルブルグでは滞在中ほぼ毎日雲の厚い天気が続き、セビリアに着いた瞬間、太陽が燦々と降り注いでいる町全体が金色に輝いているように見えました。

f:id:forqualitylife8:20190202221450j:plain

 

一、GOTのロケ地巡り

世界的な大ヒットドラマGOT(ゲーム・オブ・スローンズ)を見て、すっかりドラマ中の美しいロケ地に魅せられました。クロアチアドブロブニクで中世的な舞台を見て、今度は南国情調のロケ地のアンダルシアに来ました。

アルカサルReal Alcazar

ドラマの中ではエキゾチックな南の国ドーンのロケ地はここだったので、セビリアに着いてからまずお城へ直行します。沿道の街並みはすでに良い感じ、

f:id:forqualitylife8:20190202223225j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223235j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223258j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223211j:plain

 

オフシーズンの平日、お城の前はまさかの長列!しかも当日券が売り切れ?

f:id:forqualitylife8:20190202223111j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202223828j:plain

 

少し探したら、スキップラインの割増ツアーを発見。25€で順調に入場、

f:id:forqualitylife8:20190202223512j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202224139j:plain


観たかった!このムデハル様式の「乙女の中庭」!

f:id:forqualitylife8:20190202225238j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202225113j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202225138j:plain

 

パティオにある池とそれを囲むような両サイトのエキゾチックな回廊が本当に美しくて、

f:id:forqualitylife8:20190202224536j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202224652j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202224709j:plain

 

ここは現存する“ムデハル様式”の傑作とも言われ、息を呑むほど繊細な格子細工も素敵で、ずっと眺めていたい.......

f:id:forqualitylife8:20190202224837j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202224849j:plain

 

宮殿はかなり広くて、ほかにも様々な大広間、ホールがあり、形だけのガイドにあまり期待はしていなかったが、その英語はあまりにも理解に苦しくて、結局たくさんのアーチ、透かし彫りのような彫刻の建具、タイル装飾の壁、床、贅を尽くされいる内部を一通り見て廻ってから、緑いっぱいのテラスから一人で動くことにしました。

f:id:forqualitylife8:20190202230911j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202231256j:plain

 

 

宮殿のもう一つの見どころでもあるファサードと狩猟の中庭をすぎ、

f:id:forqualitylife8:20190202231533j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202231525j:plain

 

さらに7つの庭で構成された巨大な庭園がありました。

f:id:forqualitylife8:20190202232451j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202232050j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232131j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232344j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232249j:plain


この庭園だけでも一日かかってゆっくり鑑賞したいな!

f:id:forqualitylife8:20190202232334j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202232845j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232903j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232645j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202232936j:plain


アルカサルは1987年に世界遺産に登録されたが、ここですっかり満足になりました。

行く予定のアルハンブラ宮殿を取りやめることにしました。

f:id:forqualitylife8:20190202233551j:plain

 

二、スペイン広場


セビリアにある1929年のイベロ万博のパビリオンだったスペイン広場は文字通り世界一美しい広場と思います。

f:id:forqualitylife8:20190202234342j:plain

 

大好きな回廊建築がどんな角度からみても絵になる、

f:id:forqualitylife8:20190202234523j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202234830j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202234806j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202235021j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202234822j:plain


ここでかつてコロンブスが新大陸を発見し、スペインが栄華を極めた黄金時代を思い出し、

f:id:forqualitylife8:20190202235312j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001024j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202235253j:plain


アンダルシアの歴史と文化を感じ、

f:id:forqualitylife8:20190203001128j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001154j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203001336j:plain

 

夜になると広場の池にボートを漕ぐ優雅な市民の姿を眺め、

f:id:forqualitylife8:20190203001637j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001748j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203001911j:plain


いつかスペイン語を習うことがあれば、セビリアが第一候補でしょう。

f:id:forqualitylife8:20190203001826j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203001808j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002005j:plain

 

三、街歩きとバル巡り

セビリアは太陽、青空、緑、お花、美食、歴史、建築......素敵な街歩きの要素が全部揃っているような楽しい街です。

今回は周辺の街へ電車で行く予定だったので、サンタ・フスタ駅付近のホテルにしたが、数日滞在するならやはり旧市街地にあるカテドラルやヒラルダ塔付近のエリアが便利です。

f:id:forqualitylife8:20190203002626j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203002410j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002406j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002849j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002721j:plain

 

朝、昼、晩、いつでも、どこでも絵になる。

f:id:forqualitylife8:20190203003238j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203003315j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203002943j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003014j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003344j:plain

 

歴史的な建造物が多く、街歩きがとにかく楽しい、

f:id:forqualitylife8:20190203003630j:plain

f:id:forqualitylife8:20190203003736j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003546j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203003811j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004019j:plain

 

おしゃれなバルが至るところにあり、味もサービスもお値段も全部良し、

f:id:forqualitylife8:20190203004345j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004359j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004443j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004453j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004525j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004331j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004717j:plain
f:id:forqualitylife8:20190203004848j:plain

 

セビリアは人を幸せな気持ちになれる魔法のある街です!

f:id:forqualitylife8:20190203004237j:plain

気ままに行く欧州の旅⑤ エカテリーナ宮殿(Catherine Palace and Park)

琥珀の間」で有名な豪華なエカテリーナ宮殿はぺテルゴフから車で約1時間位のところにあります。

f:id:forqualitylife8:20190202004629j:plain

 

上品な街プーシキン

宮殿所在地のプーシキンという街は昔ながらの貴族や上流社会の方々が多く住み、街並み全体上品な匂いが漂っている。

 

ランチで立ち寄ったカフェも洗練された雰囲気で、

 

途中で見かけた地元の小学生集団が幼いながらも全員超エリート風で恰好いい。

 

宮殿入場

入場は複雑な予約制で、個人見学の場合はさらにだいぶ前から決められた時間枠の予約をしないといけないようです。

欧州の有名美術館ではスキップラインとか、現地ツアーとか、割増料金で即入場できることもよくあります。ここも結局運転手の知人に約10ドルの割増入場券を依頼したが、それでも約20分ほど列に並びました。

並びながら彫刻や装飾が盛りだくさん施された豪華な外壁をたっぷり鑑賞し、

 

絢爛豪華な大広間

この大広間では17世紀にエカテリーナ2世が伊勢商人の大黒屋光太夫を謁見したこともある有名な場所で、これでもかの金箔の彫刻や鏡の反射とシャンデリアの光で眩しい。

f:id:forqualitylife8:20190201232905j:plain

 

光の角度によって金色に輝いたり、

f:id:forqualitylife8:20190201233000j:plain

 

さらに広く見えたり、クラシックに見えたりして、

 

魅力的な大窓からの眺望も宮殿らしく素晴らしかったです。

f:id:forqualitylife8:20190201234603j:plain
f:id:forqualitylife8:20190201233501j:plain



宮殿博物館のような数々の室内

白基調に金の縁飾りで有名な皇帝一家のダイニング「白の主食堂」

f:id:forqualitylife8:20190201234507j:plain

 

大きな壁に全部で368枚もの肖像画がびっしり飾られている「肖像画の大部屋」は圧巻的。

f:id:forqualitylife8:20190129231154j:plain

 

ほかには様々なテーマ別の素敵な部屋があるが、

f:id:forqualitylife8:20190202171412j:plain

f:id:forqualitylife8:20190202171422j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202171430j:plain

 

ぺテルゴフで見惚れた陶器製の暖炉(ペチカ)はここにもあります。

f:id:forqualitylife8:20190129230521j:plain

 

煌びやかな豪華さとはまさにこのようなことでしょうか。

f:id:forqualitylife8:20190129231141j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129231627j:plain

 

暖炉に魅せられすぎたせいか、大事な「琥珀の間」の感動も薄れたようです。というか、館内ではロシア人のおばさんスタッフは至る所に縄で順路を作り、常に前へ前へと催促され、実はあまり落ち着いて鑑賞できませんでした。

特に「琥珀の間」では団体客で常に人がいっぱりでさらに立ち止まることは許されなかった。もっとも現在の姿は第二次世界大戦後の空爆で全滅されたのを復元した部屋です。

f:id:forqualitylife8:20190202000150j:plain


宮殿の素晴らしい庭園

エカテリーナ宮殿の場合は、水色と白や金色の装飾のある豪奢が宮殿があまりにも有名だが、実はさらに広大な美しい庭園も見ものです。

美しいフランス庭園と彫刻
f:id:forqualitylife8:20190202002251j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002225j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002449j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002725j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002647j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202002400j:plain

 

巨大な池、池周辺のイギリスガーデン
f:id:forqualitylife8:20190202003137j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003206j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003025j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003032j:plain

 

小宮殿のグロット

ゆっくり庭園散策をすれば一日があっても足りない!

f:id:forqualitylife8:20190202004019j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003320j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003404j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202004201j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003835j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202003705j:plain

 

エカテリーナ宮殿、やはりゴージャスでした!

f:id:forqualitylife8:20190202004655j:plain

f:id:forqualitylife8:20190201223403j:plain

 次は太陽がいっぱいなアンダルシアへ行きます。

 

 

 

 

 

気ままに行く欧州の旅④ ペテルゴフ(ピョートル大帝夏の宮殿)

サンクトペテルブルクでは旧帝ゆかりの宮殿巡りも今回旅の楽しみです。

有名な二大宮殿、ピョートル大帝の夏宮殿のペテルゴフとエカテリーナ宮殿はともに郊外にあり、車がないと自力で一日で回るのはほぼ無理でしょう。個人旅行の場合は現地発の日帰りツアーで行くか、今回のように車をチャーターして行くのはいいです。

エカテリーナ宮殿の入場は複雑な予約制があり、しかも見学時間は昼からということで、朝からまずペテルゴフへ向かいました。

f:id:forqualitylife8:20190126212414j:plain

ペテルゴフ宮殿(Peterhof Palace)

現在のエルミタージュ美術館のメイン建築はかつてピョートル大帝の冬宮殿ですが、郊外のフィンランド湾沿いにある夏離宮は、特にそのフランス式の庭園もサンクトペテルブルグの観光目玉になってます。

ペテルゴフ宮殿はエルミタージュの裏から高速船でも行けますが、行ってみて分かったが、船乗り場から宮殿までかなり距離があり、往復で船利用するなら1日はかかりそうです。

下の公園

完全なシンメトリーの庭園は想像以上に広大で美しいです。。

f:id:forqualitylife8:20190129171529j:plain

 

この庭園はフランスのベルサイユの造園師の愛弟子で設計してもらった由来もあったが、本場のベルサイユや英国の由諸あるブレナム宮などと比較されても全く遜色なく、むしろオリエンタル的な要素が加えられ、ここでは地形の高低差を利用した数多くの噴水とのコンビネーションは絶妙です。

f:id:forqualitylife8:20190129174242j:plain


公式サイトでは噴水ショーは9月末でと書いていたが、ショーを見るのは諦めていたが、実際10月上旬に訪問した時、10時になったらなんとショーが開演されました。

そういう欧米的な大らかさが大好きです!

f:id:forqualitylife8:20190129223553j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129223816j:plain
f:id:forqualitylife8:20190126214317j:plain
f:id:forqualitylife8:20190126213726j:plain

 

ショーが始まる前はすでに豪奢な大宮殿と庭園のスケールに圧倒されたが、

f:id:forqualitylife8:20190129222942p:plain
f:id:forqualitylife8:20190129222856p:plain
f:id:forqualitylife8:20190126213102j:plain
f:id:forqualitylife8:20190126213116j:plain

 

ショーが始まったら、煌びやかな金色の像と水しぶきのハーモニーはまさに地上の楽園、

f:id:forqualitylife8:20190129173916j:plain
f:id:forqualitylife8:20190126214258j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129174405j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129174402j:plain

 

今年は暖かいせいか、10月上旬の園内にある木々はまだ色つき始めたばかりで、噴水と紅葉を一堂に観れることは年によってわずか数日しかないようで、とても幸せ!

f:id:forqualitylife8:20190126220902j:plain

f:id:forqualitylife8:20190129223955j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129224215j:plain

  

あいにくの曇り時々小雨の天気でちょっと残念だが、水辺までの散策道の木々は清々しい。

f:id:forqualitylife8:20190129175307j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129175248j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129224444j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129224505j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129171554j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129171654j:plain


大宮殿

豪華さで有名なエカテリーナ宮殿も行く予定があるので、運転手はこの大宮殿は入らなくてもいいって言ったが、せっかくなので庭園を散策後人ごみもなくその場でチケットを買って入場しました。

f:id:forqualitylife8:20190126211456j:plain

 

明るくてエレガントさが漂っているダイニング、

f:id:forqualitylife8:20190129225750j:plain

 

豪奢で快適そうな執務室、あの水色のベルベットの椅子に一目ぼれ、

f:id:forqualitylife8:20190129225831j:plain

 

エルミタージュで見たようなハイセンスなインテリアの数々、

f:id:forqualitylife8:20190129225954j:plain
f:id:forqualitylife8:20190129230014j:plain

 

景色をいっそう引き立てる窓、

f:id:forqualitylife8:20190129230118j:plain

 

様々なテーマ別の素敵な部屋があるが、個人的に一番惹かれたのは各部屋にあるマイセン風の白地に青い花の陶器製の暖炉(ペチカ)!

f:id:forqualitylife8:20190201235215j:plain

f:id:forqualitylife8:20190201235210j:plain
f:id:forqualitylife8:20190201235111j:plain

 

歴代皇帝が使用されている素敵な調度品が多く、しかもインテリアが好みなので、ゆっくり鑑賞できて大満足でした。

f:id:forqualitylife8:20190202170758j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202170836j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202170903j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202170802j:plain


 皇帝使用品の数々も展示されています。

f:id:forqualitylife8:20190202170931j:plain
f:id:forqualitylife8:20190202171120j:plain

 

次はエカテリーナ宮殿へ行きます。

 

気ままに行く欧州の旅③ サンクトペテルブルクの街歩きとエルミタージュ美術館

一、「北のベニス」という別名のヨーロピアン大都会

ピョートル大帝により建都されたサンクトペテルブルクソ連時代では「レニングラード」とも呼ばれてあり、いまは大型クルーズ船が停泊する欧州の大都会です。

ここには超名門美術館のエルミタージュをはじめ、大聖堂、宮殿庭園、トルストイやドストエフキーなどロシア文豪名作の舞台、チャイコフスキーのオペラにキエフバレエ、見どころがいっぱいです。

f:id:forqualitylife8:20181107234430j:plain

 

1.モスクワからは便利な快速列車『サブサン』

青春時代は文豪トルストイの『アンナ・カレーニナ』に魅了され、アンナとヴロンスキー大佐が出会った舞台となるサンクトペテルブルクのモスクワ(モスコーフスキー)駅は憧れの場所でした。

170年も昔に建築したネオルネッサンス様式の駅ビルは近代風の改装され、現在も利用されています。

f:id:forqualitylife8:20181107225827j:plain
f:id:forqualitylife8:20181107225824j:plain

 

壁一面に広る銅製レリーフのような路線図が重厚な歴史を語っている。

f:id:forqualitylife8:20181107230203j:plain

 

『サブサン』は欧州の国際間列車同様、車輛は新しく、モスクワから約4時間の列車旅は快適で便利です。

f:id:forqualitylife8:20181122145008j:plain

 

切符はロシア鉄道のHPからも購入可能だが、ロシア語の表示と席の種類が複雑なので、ネットでMaxVistaという日本の代理店から購入しました。

1等車の窓側席が1万円位で、社内では車掌、ロシア美人の乗務員による飛行機のビジネスクラス並みのサービスが提供され、1等だと前菜からデザートまでのコース料理と飲み物も付いています。

f:id:forqualitylife8:20181122131838j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122131008j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122131052j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122131104j:plain

 

2.サンクトペテルブルクの歩き方

モスクワでロシアの広大さを実感し、Y Taxiもそう簡単に利用できないことが分った以上、当初フェリーとタクシーで行く予定の郊外宮殿のこともあり、モスクワでQちゃんに車付きのガイドを紹介してもらうことにしました。

結論から言うと、それも大正解でした。

サンクトペテルブルクの街はモスクワよりコンパクトと聞いたが、巨大です!

f:id:forqualitylife8:20181107234604j:plain

 

10月初めの日中はすでに5、6℃しかなく、北風で身震いをしながら街を歩きました。

f:id:forqualitylife8:20181122134428j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122134514j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122134526j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122134658j:plain

 

 二、徒歩で行くエルミタージュ美術館と大聖堂

直前で頼んで車は一日だけすでに先約があったので、その日は事前にネットで予約したエルミタージュ美術館へ徒歩で行くことにしました。

地図でみたらモスコーフスキー駅付近のホテルから徒歩でも30分位のようで、しかも有名なカザン、血の上の救世主教会、聖イサクの三大聖堂も途中にあり、まとめて観光できそうです。

 

朝早くから賑わっている駅周辺、

f:id:forqualitylife8:20181122145402j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122145927j:plain

 

メイン通りのネフスキー大通りで見物をしながら、

f:id:forqualitylife8:20181122145434j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122145522j:plain

 

橋を渡るたびに運河の景色に惹かれました。

f:id:forqualitylife8:20181122145423j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122145516j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122150155j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122150235j:plain

 

カザン大聖堂

約30分位歩いたら、左手に壮観な列柱を持つ回廊風外観のカザン大聖堂が見えた!

f:id:forqualitylife8:20181122151358j:plain

 

柱一本一本がかなり巨大で、近くで見るとさらに迫力が感じる。

f:id:forqualitylife8:20181122151812j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122151717j:plain

 

この大聖堂は現在も地元の信者さんが多く通っているが、

f:id:forqualitylife8:20181122151952j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122151530j:plain

 

残念ながら入口付近でハトを使って、観光客を狙う悪質な集団がいました。

一人でいる私も強引にひっぱれられそうになったが.......そういう時はとにかく黙ってすばやくその場を離れるしかなかったです。

f:id:forqualitylife8:20181122152614j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122152616j:plain

 

血の上の救世主教会

ネフスキー大通りを挟む道路の向こう側は圧巻的な美しさを誇る血の上の救世主教会です。カラフルな玉ねぎドームはモスクワのワシリー寺院同様に素晴らしい! 

f:id:forqualitylife8:20181122153426j:plain

 

今回の滞在中は残念ながら修繕のため閉館中で、豪華絢爛なモザイク装飾の内部を拝見できなかったが......

f:id:forqualitylife8:20181122153938j:plain

 

隣接のガーデンを囲む美しい模様の柱と豪華なアイアンのフェンスはもはや芸術作品!
f:id:forqualitylife8:20181122154848j:plain

f:id:forqualitylife8:20181122154857j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122154859j:plain

 

後日聞いた話では、ネフスキー大通りから教会までの運河沿いの狭い道は別名「スリ通り」だそうで、確かに狭い道に露店が並び、混雑の時はスリ天国でしょうね。

f:id:forqualitylife8:20181122155225j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122155220j:plain

 

暖を取るためカフェはしごをしながら、聖イサク大聖堂へ向かう。

f:id:forqualitylife8:20181122155636j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122155639j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122155724j:plain

 

聖イサク大聖堂

f:id:forqualitylife8:20181122160039j:plain

 

この大聖堂は建築に40年間もかかったようで、落ち着いた大理石の外観では一見地味に見えるが、大聖堂内は高い天井と鮮やかな壁画に埋め尽くされ、とても豪華!

f:id:forqualitylife8:20181122161239j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122161202j:plain

 

大聖堂と展望台は同じ建物なのに、入場料は別々で販売され、さらに入口も外で完全に分離されています。展望台へは階段しかないが、登って市内を一望。

f:id:forqualitylife8:20181122162055j:plain

f:id:forqualitylife8:20181122162006j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122162217j:plain



 三、エルミタージュ美術館

念願のエルミタージュ!

旅程を確定した時すぐにネットでチケットを予約しました。オフィシャルサイトで購入したチケットは購入日から6ヵ月以内に好きな1日を自由に使えるので、とても便利です。

聖イサク大聖堂からエルミタージュまでは徒歩で10分位たが、入口を探すには時間がかかりました。

f:id:forqualitylife8:20181122163934j:plain

 

広い公園を通り抜け、

f:id:forqualitylife8:20181122164851j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122164914j:plain

 

巨大な広場を横断し、

f:id:forqualitylife8:20181122164057j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122164252j:plain

 

漸く並んでいる列を見ました。

f:id:forqualitylife8:20181122165124j:plain

 

5つの建物が一体になっている美術館はまさに巨大なお城!長列は何か所もあり、モスクワでの経験だとおそらく個人、団体、ロシア人、外国人、それぞれ別々になっているだろう。

f:id:forqualitylife8:20181122165325j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122165310j:plain

 

やっと英語の案内板を見つけました!しかし、この列はまだチケット購入の列......

f:id:forqualitylife8:20181122165631j:plain

 

一番前の方へ行ってプリントアウトしたチケットを見せたら、順調に入場できました!

早速大使の階段へ、

f:id:forqualitylife8:20181122170025j:plain

f:id:forqualitylife8:20181122170201j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122170150j:plain

 

歴代皇帝が使用した宝物の数々、

f:id:forqualitylife8:20181122170426j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122170419j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122170919j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122170931j:plain

 

有名な黄金の孔雀時計も!

f:id:forqualitylife8:20181122170649j:plain

 

厳選された美しい彫刻、

f:id:forqualitylife8:20181122170750j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122170745j:plain
f:id:forqualitylife8:20181122170743j:plain


建物自体は皇帝の宮殿をそのまま利用されているので、窓からの景色も素晴らしい!

f:id:forqualitylife8:20181124142901j:plain

f:id:forqualitylife8:20181124142625j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124142639j:plain

 

展示室から街の景色を眺めるだけでも楽しくて、

f:id:forqualitylife8:20181124143121j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124142934j:plain

 

そして、なんと言っても宮殿そのものが美しい!!!

魅惑的すぎる天井とシャンデリアの数々

f:id:forqualitylife8:20181124143332j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124143348j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124143634j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124143623j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124143415j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124143254j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124144037j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124143843j:plain


展示室の回廊自体がまるで芸術品

f:id:forqualitylife8:20181124144259j:plain

f:id:forqualitylife8:20181124144321j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124144356j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124144436j:plain
f:id:forqualitylife8:20181124144601j:plain

 

個人のな名門美術館ランキング

よく言われている世界的有名な美術館もこれで一通り訪問ました。

個人的にはエルミタージュに限ってはかなり特殊な存在と思います。美術館自体が巨大な宮殿芸術で、特にインテリアのレベルの高さと豪華さは世界一でしょう。

世界のあっちこっちでよくエルミタージュの宝物展が催されるが、エルミタージュの宝物はその素晴らしい展示場所と切り離されたら、魅力も半減されるでしょう。

f:id:forqualitylife8:20181124145246j:plain

 

ちなみに、個人的なランキングでは、

彫刻ならルーブルバチカン美術館

絵画ならオルセーアムステルダム国立美術館

古代文明なら大英博物館故宮(北京と台湾両方)博物館

エレガントさを楽しむならウッフィーツィ美術館

野外彫刻ならクレラーミューラー美術館

規模はエルミタージュほどではないが、建物が美しいならナショナルギャラリー (ロンドン)美術史美術館(ウィーン)

ほかアメリカには博物館のような壮観な美術館も多いが、スミソニアンシカゴ美術館などなど、いつかゆっくり日常生活の一部のように美術館巡りが楽しむことができれば最高です。

 

エルミタージュ訪問のTips

1.チケットは必ず事前予約。

2.食事は済ませていく。館内のカフェは文字通りノロい、マズい&タカイ!

3.荷物は必ず小さい鞄にまとめ、ロッカー利用を避ける。その混雑さと廊下の空気の悪さといったら、通りぬけるだけで気分が悪くなる。

f:id:forqualitylife8:20181126150318j:plain
f:id:forqualitylife8:20181126150216j:plain

  

その他:美しいサンクトペテルブルクの風景

数々の清楚なブルーと白壁の麗しい姿の教会

トロイツキー大聖堂

金色の星がたくさん輝いているドームが本当に美しい

f:id:forqualitylife8:20190124161814j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124161757j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124162231j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124161749j:plain

 

スモーリヌイ聖堂

かなりのスケールがあり、現在も一部修道院になっている建物と中庭でブルージュのベギン修道院を思い出す

f:id:forqualitylife8:20190201144859j:plain

f:id:forqualitylife8:20190124162900j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124163114j:plain

 

ニコライ聖堂

観光客はあまり多くないが、閑静な住宅地に佇むは姿は高貴さが漂う。

f:id:forqualitylife8:20190124172736j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124172754j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124172953j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124173731j:plain

 

ペトロパヴロフスク要塞

f:id:forqualitylife8:20190124174146j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124173954j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124174425j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124174453j:plain

 

サンクトペテルブルクを造ったロシア史上の偉人ピュートル1世の等身大銅像です。身長2メートルを超えの大帝国は史上最長身の皇帝でもあります。

f:id:forqualitylife8:20190124174108j:plain
f:id:forqualitylife8:20190124174132j:plain

 

たまには国内!ふふ河口湖宿泊記

紅葉の美しい時期、久々名古屋から車で東京へ行くことにしました。

f:id:forqualitylife8:20181113171846j:plain

家は旅となると海外が多く、エ〇シブのようなメンバーシップをもっていないので、国内旅行の時もマリオットのようなチェーン(大味?)が多かったです。

今回は偶然河口湖で先月オープンした「ふふ河口湖」のことを知り、ちょうど紅葉まつりの時期と重なり、泊まってみたくなりました。

 

1.素敵な第一印象

10月1日にオープンしたばかりで、電話で問合せた時すでに満室でしかも無料キャンセルの期間もすぎたが、ダメ元でキャンセル待ちをかけました。

宿泊予定日の2日前、運よく部屋の空ができたという電話をいただきました。

電話でのやりとりで、クレジットカード情報を伝えようとしたところ、「ご到着時でいただければよいです」という対応でした。

ロイヤリティプログラムでよく利用しているホテルでもないのに、そういうスマートな対応はホテルの品格が伝わってきました。

 

富士五湖沿いの「湖北ビューライン」の沿道景色は絵のように美しい、

f:id:forqualitylife8:20181113174045j:plain

紅葉トンネルあたりの紅葉も見頃で、

f:id:forqualitylife8:20181113174049j:plain

f:id:forqualitylife8:20181113174337j:plain

 

もみじ回廊と久保田一竹美術館から閑静な坂道を曲がったら、紅葉の林の中からホテルの姿がみえた。

f:id:forqualitylife8:20181113174550j:plain

 

エントランスで数名の男性スタッフが出迎え、f:id:forqualitylife8:20181113175033j:plain

まるでしゃれたガーデニングサロンのようなロビーラウンジ、

f:id:forqualitylife8:20181113180409j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113180042j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113181118j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113181033j:plain

 

ハーブティ-をいただきながら、バトラーと合流、

f:id:forqualitylife8:20181113175856j:plain

 

バトラーの案内で部屋移動、チェックインは部屋で行う。

f:id:forqualitylife8:20181113180620j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113180646j:plain

 

2.スモール・ラグジュアリー・ホテルの魅力

SLH(Small Luxury Hotels )というカテゴリーがあるように、小規模でありながらも個性的な魅力のある上質なホテルも素敵です。

ふふ河口湖はまさにそのような感じで、全館スイートタイプのわずか34室の贅沢な作りです。

 

天然温泉の露店風呂付きの快適客室

f:id:forqualitylife8:20181113225511j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113225829j:plain

 

木のぬくもりがいっぱいのテラスルーム。全開可能なガラス戸でバルコニーにもなる、

f:id:forqualitylife8:20181113230122j:plain

 

快適なベットルーム、

f:id:forqualitylife8:20181113230725j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113230808j:plain

 

アンダース系のような室内ミニバーがあり、個人的には備え付けの富士溶岩石の水が一番好きだが、ソフトドリンク&ビールは自由に飲める。

タオル掛けなどの細部もおしゃれセンスが光っている、

f:id:forqualitylife8:20181113230953j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113231106j:plain

 

オーガニックに極めているアメニティ類は森のヒーリングのようなやさしい匂いだが、ドライヤーはちゃんとハイテクなDyson Supersonic!

f:id:forqualitylife8:20181113232022j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113232024j:plain

 

細部の気配りとシックなデザインはラグジュアリー感が漂う。

石オプジェのカフェスタンド(左)、缶入りのケーブル類(中)、木製の靴べら(右)

f:id:forqualitylife8:20181113233228j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113233141j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113233200j:plain

 

機能的な電気まわりとセンスの良い水まわり、

f:id:forqualitylife8:20181113233842j:plain
f:id:forqualitylife8:20181113233838j:plain

 

目の保養になる館内インテリアの数々

大人が癒されるバーエリア、

f:id:forqualitylife8:20181114000344j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114000332j:plain

 

山と森に溶け込んでいるテラス、

f:id:forqualitylife8:20181114000944j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114000947j:plain

 

昼と夜、異なる魅力のある庭、

f:id:forqualitylife8:20181114002016j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114002342j:plain

 

ピクチャウォールで作った館内案内

f:id:forqualitylife8:20181114002230j:plain

 

魅惑的な夜の館内

f:id:forqualitylife8:20181114003003j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114003036j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114003019j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114002922j:plain

 

 

3.素晴らしい食のプレゼンテーション

豊富な山梨の食材を地産地消で、薪と炎と溶岩をコンセプトにした食の演出は五感を満たしてくれました。

夕食は薪、海と山の幸、汁物、鮮、溶岩、香草、食事、水菓子の懐石料理のフルコースで、一品一品素敵な器で美しく盛り付けられ、食材の美味しさもたっぷり堪能できました。

f:id:forqualitylife8:20181114003942j:plain

f:id:forqualitylife8:20181114004100j:plain

f:id:forqualitylife8:20181114004124j:plain

f:id:forqualitylife8:20181114004244j:plain

 

朝は富士五湖イメージの和朝食で新鮮な食材がふんだんに使われ、郷土風の納豆と豆腐のグラタンも大変おいしかったです。

f:id:forqualitylife8:20181114005652j:plain

f:id:forqualitylife8:20181114005737j:plain

 

 おまけ:ベストシーズンのいま

ホテルからもみじ回廊まで徒歩で5分もかからないので、ベストシーズンのいま、朝、夜好きなだけ紅葉を楽しむことができます。

f:id:forqualitylife8:20181114012602j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114012555j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114010917j:plain
f:id:forqualitylife8:20181114013301j:plain

f:id:forqualitylife8:20181114011551j:plain

f:id:forqualitylife8:20181114010942j:plain